本と文具の一清堂

地元密着型本屋さん

実際、自分も欲しい本が決まっている時は、検索かけて、すぐに見つけられて、更には家まで届けてくれるAmazonなどのネットショッピングを利用しているので、偉そうなことは言えませんが、見るからに、いわゆる街の本屋さんは姿を消してしまっていますよね。

最近は、あまり時間がなくてできていませんが、買う本を決めずに本屋さんで背表紙見ながら決めていくの楽しかったりするのですけどね。

また、本屋さんがあっても、大抵は駅前だったりして、なかなか出向くのも面倒だったり。

しかし、本と文具の一清堂は、昔から浦所バイパス沿いの住宅街で営んでいる街の本屋さん。

きっと経営は大変でしょうけど、いつまでも古き良き文化を大切にしたいものです。

 

本と文具の一清堂

 

さいたま市桜区上大久保   最寄駅:JR南与野駅から徒歩10分