2012/ 7/16  8:01

著名人も多く輩出!浦和一女

文教都市を公言している(旧)浦和市には、埼玉を代表するような高校がいくつか存在していますが、男子校で言えば、高校生クイズでもお馴染みの「県立浦和高校」ですが、女子高では、やはり浦高と双璧をなすほどの、偏差値70を超える才女が集まる浦和一女こと「県立浦和第一女子高校」です。

卒業生にも才女が揃っており、例えば、日本テレビの豊田順子アナウンサーや、元TBSのアナウンサーで現在、ナインティナインの矢部浩之さんの奥様である青木裕子さん、芸能レポーターの東海林のり子さんを始め、大学教授や音楽家、政治家などズラリと顔を揃えています。

浦和一女が抱えている学校像は、「世界で活躍できる知性と教養、逞しさを備え、社会に貢献する高い志を持った魅力あるリーダーを育成する女子高校」ということ。まさに今からの時代必要とされるスキルが身に付く高校ではないでしょうか?

 

 

さいたま市浦和区岸町   最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩7分

さいたま市民医療センター

様々な健康講座も~さいたま市民医療センター

さいたま市西区の住宅地のなかに、突如?現れる大きな病院。さいたま市民医療センターです。

がん診療指定病院にもなっているさいたま市民医療センターは、この地域の中核病院として無くてはならないものとなっています。正直、病院はかからなくて済むならそれに越したことはないですが、いつお世話になるか分からないものですからね。

総合病院なだけに、通院や人間ドック以外にも、例えば第三土曜日には
生活習慣病•糖尿病教室を開講しており、無料なので、今や国民病と言われる糖尿病なだけに、知っておいて損はない情報の宝ですよ。

他にも股関節、ひざ関節の健康教室も年4回無料で開講と有益な教室が色々行われており、まさに知っておいて良かった宝の山ですよ。

 

さいたま市民医療センター

 

さいたま市西区島根   最寄駅:与野本町駅から徒歩10分

三室照

あの陸上、藤光選手の出身小学校

まだ記憶に新しい2017年世界陸上。あのボルトが、リレーのアンカーで足のケガにより衝撃のリタイアをしたことでも忘れられない大会ですよね。

あのボルトの横で、リレーアンカーとして走っていた藤光謙司選手。アスリートとは思えない!?イケメンフェイスと、そのチャラさで先日も「アウトデラックス」に出演するなど活躍しています。

その藤光選手の出身が浦和!三室小学校、三室中学校、市立浦和高校出身と生粋の浦和人なのです。

藤光選手を生んだ三室の地は、まだ自然も残るのどかな地区。きっと三室の自然が、藤光選手の脚力を生み出したのではないでしょうか?

2020年東京オリンピック時には、9秒台を出した桐生選手を筆頭にライバルも多いですが、是非頑張って欲しいです。

 

三室照

 

さいたま市緑区三室   最寄駅:JR北浦和駅からバス15分

SR

駅構内で生涯学習初めてみませんか?

アラフォー以上の方ならお馴染みの「ボキャブラ天国」で、「浦和に7つの駅がある」なんて言っていましたが、時が経て、埼玉高速鉄道ができ、新たな「浦和」の駅、「浦和美園」駅ができていますが、JR線ではないのもあり、利用しない人にとっては縁遠い人も多いのではないでしょうか?

しかし、この浦和美園駅、日頃利用しない人にとっても、有益なものがあるのです。

それは、「SRカルチャースクール」。

「SRカルチャースクール」は、会場が浦和美園駅構内なので、移動が楽々!

子ども向けのキッズ英会話や、こどもの自由創作教室に始まり、大人向けの書道や台湾語講座、ヨガ、フラメンゴなど様々な教室があり、生涯学習もできます。

秋は何が始めるには最適の季節!SRカルチャ―スクールで、何が初めてみませんか?

SR

 

さいたま市緑区美園   最寄駅:SR浦和美園駅構内

 

 

古民家カフェ藍

地域で支える「さいたま子ども食堂」

社会が多様化している今、働き方もみんながみんな公務員みたく土日祝日休みで、朝から夕方というわけにはいかないですよね。本人がそんな生活を望んでいても、仕事がないのなら生活ができませんからね。

これが独り身だったらまだよいでしょうが、お子さんがいたりして、なおかつシングルマザー、シングルファザーだったら心配なものです。一人でなんでもできるお子さんになったとしても、やはり夕食一人で子どものうちから食べるのは寂しいもの。

そこで、緑区の古民家カフェ藍では、毎週土曜日(17:00~19:00)に「さいたま子ども食堂」が開かれています。

「さいたま子ども食堂」では、無料で温かいご飯が食べられるだけでなく、古民家カフェなので、暖炉のある畳の部屋で、雰囲気も温かみのある食事を得られます。

やはり子供は宝!地域で協力できることはしていきたいものですね。

 

古民家カフェ藍

 

さいたま市緑区原山   最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩20分

Screenshot_1

よみうりカルチャー浦和で新たな自分を見つけよう

9月も気付けばもう10日が経ち、中旬ですね。大人あるあるで恐縮ですが、年々時の早さに驚愕する毎日ではないでしょうか?あっという間に冬がきて、今年も終わってしまうのでしょうね。

せっかくの秋、ぼぉーとしたらすぐに終わってしまうもの。ここは心機一転、新たな趣味の開拓を始めてみませんか?

浦和ロイヤルパインズホテルの地下と言う抜群のロケーションにある「よみうりカルチャー浦和」は、定番の外国語講座や書道や絵画、ダンスなどのスポーツまで幅広い講座が用意されています。最近、話題のヨガストレッチなんかもありますよ。

ちょうど10月からの講座の見学や体験もスタートしていますし、思い立ったら吉日!今年の秋は新たな自分を見つけましょう!

 

Screenshot_1

 

さいたま市浦和区仲町    最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩7分

須原屋

読書の秋!噴水もある本屋さん

最近では、セブンイレブンなどのコンビニでも本の取り寄せサービスを行っていたり、Amazonなどネットショッピングで買う人も増えてきていて街の本屋さんはめっきり減っていますが、本当の本好きはやはり目で見て、手に取って好きな本を探したい人もまだまだ多いですよね。

浦和を代表する本屋さんと言えば、やはり「須原屋」。

街の本屋さんと言うには、かなり大きい5階建て、地下1階という巨大フロアの本屋さんです。ここまで大きいと、当然書籍数もかなりの数なので、本好きには色んな出会いがあるのではないでしょうか?

地下1階にはなんと噴水まであり、高級感を漂わせています。

めっきり涼しくなって秋の様相をですが、今年の秋は理知的に読書の秋といきましょう。

須原屋

 

さいたま市浦和区仲町   最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩6分

 

yakyuu

自由に野球やサッカーを楽しもう!

それこそサザエさんの世界では、近くの空き地で、かつお君が(時にはサザエさん)の野球を楽しんだりしていますが、実際の公園では、都市整備が進んでいて近代化されていることもあり、ボール遊びは禁止だったりして意外とサッカーや野球が楽しめる場所は少ないみたいです。

スポーツ好きとしては、あのサッカー大国ブラジルは、どこでもボールさえあれば裸足でもサッカーを楽しむ環境がプロサッカー選手を多く生んだ源になっていることを考えると、10年後、20年後、プロ野球茶Jリーグはどうなってしまっているのか心配になったりします。

こんなご時世ですが、さいたま市三室のさいたま市立病院の裏手くらいにあるグラウンドは、よく日曜日などは少年リーグなどが野球をしている場所なのですが、日ごろは無料開放されているので、この日もお父さんと子供が二人で野球の練習をしていました。

どこかそんな光景を見るとホッとしてしまいました。このような自由にスポーツが楽しめる環境は絶対に必要ですよね。

yakyuu

 

さいたま市緑区三室   最寄駅:JR北浦和駅、東浦和駅からバス20分など

埼玉県浅子ファーム

家族で楽しく土いじり!浅子ファーム

いよいよ子供たちにとっては待ちに待った夏休みがとうとうやってきますね!

ただ大人にとっては、夏休みであるお盆休みはまだまだ先のように感じますし、子供たちをどこかに連れて行かないとプレッシャーがかかる時期であることも事実ではないでしょうか。

そこで、地元であっても十二分に楽しめるスポットがあるのです。

それは家族みんなで土いじりを楽しむことができる『浅子ファーム』。

浅子ファームでは、季節に合わせて様々な農業体験をすることができるのです。

最近は、なかなか公園などでも砂場がなくなったりなど自然の土などに触れる機会はめっきり減っていますけど、日頃食べているご飯などの食料は、土がないとできていないことを教えてあげるのも立派な教育ですよね。

埼玉県浅子ファーム

 

さいたま市緑区大崎    最寄駅:JR東浦和駅からバス15分

 

日本のポスター芸術

ポスターから見る日本の近代史

現在、放送中の朝ドラ「ひよっこ」。

今までにないような夢を追い続けている女性の成功物語ではなく、ごくごく普通の女の子の等身大を描いている感じで、視聴率以上に評価が高く、毎朝楽しみにしている人も多いですが、個性豊かなキャスト陣に加えて、魅力的なのが、人によっては懐かしく、人によっては新鮮な昭和40年代くらいの昭和の原風景。

その時代を知らない人でもなんだかその時代のモノってほっこりするのですよね。

そんな昭和を始め、明治、大正と激動とも言われている日本の近代史をポスターを見ながら振り返りませんか?

うらわ美術館では、現在「サカツ・コレクション 日本のポスター芸術:明治・大正・昭和の彩り」を開催中。

今見てもポップなポスターも多く、楽しい時間を過ごせますよ。

今度の日曜日6月18日までなので次のお休みにでも来館しましょう。

 

日本のポスター芸術

 

さいたま市浦和区仲町   最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩7分