小さな神社のほうが御利益があるはず!

人それぞれ考え方はまちまちですが、例えば神社に願い事をしに行く場合、

誰もが知っているような有名な神社のほうが御利益があるのか、それとも

街中にしっそりと佇むような小さな神社の方が良いのか…難しいところですよね。

ただ、後者のほうがお願いしている人が少ない分、御利益を享受する可能性は高いような気がします。

 

今回は、そんな神社を紹介させて頂きます。

浦和区木崎にある「御室神社」です。

 

小さな神社なのですが、神社に入る道は両側を木々で覆われており、

さながらトトロの森に入る入口かのような雰囲気です。

 

神社境内には、櫛名田比売(くしなだひめ)が祀られていると言われている

この御室神社。

住宅街の中にひっそりと佇む小さな小さな神社ですが、御利益は抜群(なはずですよ!)。

 

御室神社

 

さいたま市浦和区木崎   最寄駅:JR北浦和駅から徒歩30分

ファンが多いまぜそばジャンクガレッジが北浦和に進出!

二郎系(⇠ファンにはこの表現はダメなのかもしれませんが)のまぜそば店として絶大な人気を

誇る「ジャンクガレッジ」。

本店は同じさいたま市の東大宮にあるのですが、駅からもあまり近いわけではないので、

クルマでもないとなかなか行けないのが悩みでした。

 

そんな「ジャンクガレッジ」がJR北浦和駅の西口駅近にできたので、ファンにとっては

歓喜なのではないでしょうか?

 

極太麺に、スープがほとんどなく、タレと旨味を凝縮したスープをまぜながら食べる新感覚なラーメンは、

一度食べると病みつきになる人多数です。

 

ニンニクとブラックペッパーがよく効いているので、夏バテ気味でスタミナをつけたい人には

ジャンクガレッジのまぜそばはもってこいではないでしょうか?

 

営業時間も24:00まで行っているので、飲んで帰ってきたときの〆でも!

 

ジャンクガレッジ

ジャンクガレッジ

(まぜそば写真は公式サイトから抜粋)

 

さいたま市浦和区常盤   最寄駅:JR北浦和駅西口から徒歩2分

都市対抗野球も地元チームを応援しようぜ!

現在、東京ドームで「都市対抗野球」が行われていますが、「浦和」をホームタウンとして

いる実業団野球部もあることをご存知でしょうか?

例えばプロ野球なら「埼玉西武ライオンズ」、Jリーグなら「浦和レッズ」「大宮アルディージャ」

と地域のチームはすぐ分かっていて、やはり自分の住んでいる街のチームを応援しますが、

都市対抗野球は実業団名なのもあり、「都市対抗」という名前にもかかわらずあまり知名度は

高くないですよね。

 

前置きが長くなってしまいましたが、浦和をホームタウンとするチームは「日本通運 野球部」。

駒場スタジアムの隣に練習場があり、よく必死に練習されているシーンを見かけます。

外からも眺めることができるので、プロ野球選手を目指すお子さんや、野球好きの方などは

無料で楽しめますし、熟練の技を見に行きませんか?

 

残念ながら今夏の都市対抗野球は、日通野球部、初戦で敗退してしまったようですが、

次大会こそは頑張って欲しいですね。

 

日通野球部

 

さいたま市浦和区駒場   最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩15分

緑が生い茂った森なら夏のフットサルも快適です

男女問わず、更には年齢も問わずできるスポーツとして、フットサルを楽しんでいる人が増えてきています。

SNSなどを見ていると、週末は必ずフットサルなんて人も少なくないようです。

 

サッカーの街のである浦和には、もちろんのように多くのフットサル場がありますが、

なかでもこの季節おススメなのが、緑区にあるFootPAL浦和道祖土。

 

年中無休で朝10:00~夜21:00まで営業しているFootPALは、34m×17mのゴムチップ入りハイパイル人工芝コートです。

 

中には、オープンカフェ 「komkom cafe」もあるので、プレイはせず応援だけの人も暇になる事はありません。

 

暑い夏、都市型の室内フットサル場も悪くないですが、やはりスポーツは風を感じながら楽しみたい人は、

周りが森で覆われているので、夏場でも快適にプレイできますよ。

 

FootPAL

 

さいたま市緑区道祖土   最寄駅:JR北浦和駅よりバスで10分

 

美容にも健康にも気になる貴女、ピラティスはどうでしょう?

最近、ピラティス流行っていますよね。

骨盤のゆがみを改善したり、姿勢を良くしたりして、続けるうちに骨格や筋肉のバランスが整い、内臓の働きもアップするというやつですよね。

美容や健康にこだわっている女性などを中心に人気のピラティスですが、イメージだと中目黒とか自由が丘のような

都会のオシャレな街でないと体験できないと思っている人も多いみたいです。

 

しかし、浦和でもピラティスを楽しめるスポットが存在するのです。

JR武蔵浦和駅から徒歩10分程度の沼影プール内でできるのです。

 

しかも、事前予約制ながら1回500円という気軽に体験できる価格と言うのも嬉しいところ。

1回28人と少人数で楽しめるので、アットホームな雰囲気で、新たな交流も生まれる事間違いないでしょう。

 

新しい趣味を持つ事は、生きている潤いにもつながりますし、冒頭で書いたようにプラティスは美容や健康にも

最高!

気軽な気分でプラティスやってみませんか?

 

プラティス

(さいたま市沼影公園ホームページより抜粋)

 

さいたま市南区沼影    最寄駅:JR武蔵浦和駅から徒歩10分

日本全国のカレーを食べ比べ

いよいよ夏本番!

科学的根拠とかは分かりませんが、夏になるとカレーを食べたくなる人って多いのではないでしょうか?

私もそんな一人です!

 

そんな夏カレー派におすすめなのが、浦和PARCOのB1、大丸フードストア内にある「北野エース」。

なかなか普通のスーパーでは売っていないような調味料など、こだわりの品が手に入ることで

お馴染みの北野エース。

なかでも圧巻なのが、レトルトカレーのラインナップ!

 

ご当地カレーって有名になりましたが、北は北海道から南は沖縄までご当地ブランド牛が

入っていたり、牡蠣やマグロと言ったご当地海鮮類が入っていたりなど、選びたい放題。

1日1食カレーを食べ続けたとしても、夏じゅうには全て食べきるのは厳しいくらい豊富なメニューなのです。

 

自分に合ったマイカレーを北野エースで選びましょう。

 

北野マート

 

浦和PARCO  最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩1分

 

サッカー王国埼玉!発祥の地を訪れよう!

先日ネットニュースで見たのですが、埼玉県は、Jリーガー輩出県第3位だそうです。

1位は東京、2位は神奈川と人口上位の都県が入っていますが、人口第5位の埼玉が大阪府などより

多いと言うのは、やはりサッカーが根付いている証拠のように思えます。

 

確かにどの小学校でも、男の子は(女の子でも!?)当たり前のように休み時間などには

サッカーをしている姿が見られますし、「浦和レッズ」「大宮アルディージャ」とJリーグ2チーム、

更にはなでしこも「浦和レッズレディース」と「埼玉AS」と2チームあるため、毎週末どこかで

プロサッカーを観戦できる環境というのも大きいと思います。

 

今や静岡県と双璧をなすサッカー王国になっている埼玉。

そんな埼玉サッカーの発祥は、明治41年6月に 埼玉師範(現在の埼玉大学)ではじまり、

多くの指導者が浦和を中心に教師として 赴任したことにより, 普及・発展を遂げたと言われています。

 

現在のさいたま市役所内が埼玉師範があった場所で、そこに「埼玉サッカー発祥の地」の像があります。

サッカー少年は、そんな発祥の像を拝むと、サッカースキルが向上するかもしれませんよ。

 

埼玉サッカー発祥の地

 

さいたま市浦和区常盤   最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩10分

土用の丑の日です。鰻を食べよう!

本日7月24日、今年は今日と8月5日が、夏の土用の丑の日ですね。

最近は、鰻が高騰している事もあり、他のものでスタミナを補充なんてのもありますが、

やはり土用の丑の日は鰻を食べてパワーをつけたいところです。

 

以前、ご紹介させて頂きましたが、浦和は何と言っても「鰻の街」。

江戸時代には、多くの沼があり、また中山道の宿場町として栄えていたので、鰻屋さんが数多くできたと言う話です。

なんでも「蒲焼」は浦和発祥という説もあるほど。

 

今でも、浦和には数多くの鰻屋さんが存在していますが、なかでも鰻通が足しげく通う名店が満寿家(ますや)

です。

 

明治21年創業の満寿家の鰻は、全て厳選された国産物。

江戸流のホウホクな味わいがたまりません。

テーブル席だけでなく、お座敷席もあるので、仕事帰りやファミリーだけでなく、接待やここぞと言う特別な日の

利用でも最適だと思います。

 

なかでも限定品の「坂東太郎」はすぐ売切れになるので、まだあったら迷わず食べたほうが良いですよ!

 

満寿家2

 

満寿家1

 

さいたま市浦和区岸町   最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩6分

猛暑は絶品かき氷で乗り切ろう!

梅雨が明けたら一気に猛暑日連発で、グッタリですよね。

ここまで暑いとなかなか食欲も湧かない人も多いのではないでしょうか。

こんな暑い日は、涼しいカフェで、見た目も冷え冷えのかき氷はいかがでしょうか?

 

今回、紹介させて頂くのは、南区にある「クラフトカフェ」。

クラフトカフェと言う名の通り、手づくり工芸品なども多く飾られているアットホームなカフェです。

 

ここのオススメメニューが、かき氷!

最近人気の天然氷を使用しており、よく言う頭がキーンとならない美味しさです。

写真は定番の「イチゴ」ですが、シロップもイチゴの果肉もしっかり分かるこだわりで、

大きなも凄いので、それだけでも食事になってしまうくらいのボリュームです。

 

メニューも他にはほぼフルーツな「バナナキャラメル」や甘さ控えめの「抹茶」を始め、豊富なラインナップ。

また、季節限定メニューとかもあるみたいです。

(ちなみに私が行った時は、「ゆずヨーグルト」でした)

 

やはり暑い夏はかき氷で乗り切りましょう!

 

クラフトカフェ2

 

さいたま市南区太田窪    最寄駅:JR南浦和駅から徒歩15分

夏休みの思い出は「青少年宇宙科学館」で決まり

お子さんがいらっしゃる家庭ですと、早くも夏休み突入ですね。

大人には1か月以上ある休みはうらやましくて仕方ないです。

 

お子さんが休みと言う事は、やはり夏の思い出としてどこかに遊びに行かないとですよね。

でも、せっかくの休み、丸々潰れてしまうのはちょっと・・・と言う人におすすめなのが、

「さいたま市青少年宇宙科学館」です。

 

この青少年宇宙科学館、メインはプラネタリウムですが、もちろんプラネタリウムもキレイですが、

それ以外にも、宇宙の仕組みが分かりやすく分かるものや、アンモナイトなどの化石物の展示物、

ゲーム感覚で遊べる人力飛行機シミュレーター、鏡に写された絵を見ながらたどる迷路などなど

子どもが夢中になるアトラクションが満載です。

 

しかも、それで無料(プラネタリウムは大人510円、子ども200円)なので、時間的にもおサイフ的にも

ありがたい施設です。

 

当然、室内ですから冷房も効いてますし、夏の思い出はココで決まりでしょう。

 

 

宇宙科学館

 

さいたま市浦和区駒場    最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩15分