競馬場はギャンブル好きだけのものではないのだ!

JR南浦和駅から徒歩で15分のところに、浦和にある公営ギャンブルの浦和競馬場があります。(開催日はシャトルバスあり)

最近こそ、競馬場には若い女性もいたりして、ギャンブル場というイメージも薄れてきましたが、やはりギャンブル場には違いなく、私には関係ない場所だと思っている人も多いのでは!?

しかし、開催日以外の浦和競馬場は、ギャンブルからは程遠い健康的な場所になるのです。

なんと日頃、サラブレッドが走っているコースを、誰もがジョギングコースとして利用することができるのです。

一周950mと800mの2コースあり、気分はサラブレッドになった気分で!?走れます。

もちろんのことながら、クルマなどがすれ違うこともなく、快適に安全に走れるので、ファミリーみんなでジョギングを楽しんでも最高だと思います。

 

浦和競馬場

 

さいたま市南区大谷場  最寄駅:JR南浦和駅から徒歩15分

レッズ

浦和にはレッズがある!

年明けすぐの箱根駅伝を見ていると、箱根駅伝って関東の大学しか出場できないこともあり、上位で競っている大学が母校の人は、何倍も盛り上がるのだろうなぁと思います。

もちろん高校野球や高校サッカーの全国常連校も同様なわけですが。

しかし、浦和には浦和レッズがあります!

今シーズンは、惜しくもチャンピオンシップでガンバ大阪に敗れてしまいましたが、まだ元旦決勝の天皇杯があるし、来シーズンはアジアのクラブチームNo. 1を決める大会にも参戦するので、埼スタの試合も増えそうです。

一般的イメージだと、レッズサポーターは熱く声を張り上げて、ずっと飛び跳ねているイメージですが、もちろんそのような人も多いですが、座って観戦でき、子どもやお年寄りなどもたくさん応援に来ています。

なので、街中の会話は、老若男女、浦和レッズの話題で持ちきりだったりします。

近年は、外国人のレッズサポーターも増えており、もしかすると異国の方との交流もできるかもしれません。

浦和レッズにハマると、シーズン中、毎週末が楽しみになる張りのある毎日が待っていますよ。

 

レッズ

 

さいたま市緑区中野田  最寄駅:埼玉高速鉄道浦和美園駅から徒歩20分など

コンコード

珈琲の香りとジャズの音楽に酔うひと時

現在、日本にも出来た「ブルーボトルコーヒー」のような本格的な豆から挽くコーヒーが、第3次コーヒーブームとして話題になっています。

しかし、日本には黒船が来なくとも、カフェではなく喫茶店と言いたいような本格的なコーヒーの提供する店はあるものです。

その中の一つが、JR北浦和駅近くにある喫茶店「コンコード」。

「コンコード」は、コーヒー生産地から厳選した良質のコーヒー生豆を店舗内にある焙煎機で丁寧に一粒一粒丹精込めて焙煎しているこだわりまくっているお店なのです。

それだけのこだわりコーヒー、美味しくないわけがありませんよね。

また、店内には小粋にジャズが流れており、できれば休日の日に好きな本を持ち込んで、プライベートタイムを満喫したいきぶんになります。

 

コンコード

 

さいたま市浦和区北浦和  最寄駅:JR北浦和駅西口から徒歩5分

ミニ桜区

子どもたちが作る街づくり!

子どもたちが職業体験することができる「キッザニア」などは、日祝などは、なかなか予約が取れないほど人気を持続していますが、まさに街づくり版キッザニアとも言えるのが、さいたま市桜区で11月5日開催され「ミニ桜区」イベント。

 

今回で2回目となる「ミニ桜区」は、ただ単に街を組み立てるだけではありません。さいたま市記念総合体育館メインアリーナ内に作られた架空の街「ミニ桜区」の住人と、子どもたちはなって、街にある仕事から自分の就く仕事を選び、仕事をすることで対価(お金)をもらって、そのお金で好きなものを買えると言う、まさにリアルな街の縮小版がそこにはあるのです。

 

子どもたちにとって、学校や塾で机に座って勉強しているだけでは体験できないような有意義な体験ができることでしょう。

今回も盛況だったようなので、きっと来年も開催するでしょうね。桜区在中の人だけなので、桜区住民は要チェックです。

ミニ桜区

さいたま市桜区道場  最寄駅:JR西浦和駅からバスなど

蔦屋

いよいよオープン!アトレ浦和

浦和駅の高架下でしばらくの間、工事が続いていましたが、いよいよ25日に複合商業施設「アトレ」がオープンしました。

なんと言っても駅直結なので、行きやすさ半端ないですよね。

まだ一部のオープンですが、そのなかでも注目を浴びているのが「蔦屋書店」。

代官山を始め、都内に数店舗ある蔦屋書店ですが、どこも独特なスタイリッシュや空間作りで、本の種類も豊富なので、大盛況ですよね。

蔦屋書店は、ただ本を売るだけでなく、様々なイベントも行っていますが、浦和の蔦屋書店でも是非面白いイベントを開催してもらいたいものです。

スターバックスコーヒーが併設しているので、他の蔦屋書店同様、立ち読みならぬ座り読みで、購入前に吟味できる点も嬉しいところ。

営業時間は朝7:00~夜24:00営業しているので、出勤前や帰宅前などにコーヒー片手に本を楽しめますので、一度行くとはまりそうです。

蔦屋

さいたま市浦和区高砂  最寄駅:JR浦和駅から徒歩2分

東浦和イルミ

クリスマスイルミでほっこりしよう

テレビも見ていても、クリスマスケーキのCMなどが増えてきていて徐々に街はクリスマスムードになってきていますが、JR東浦和駅も一歩外に出ると、煌びやかなクリスマスイルミネーションが迎え入れてくれます。

正直、そのまで周辺にお店なども少なく明かりは明るくはなっていないので、とてもインパクト大でクリスマスイルミネーションが目に飛び込んでくるのです。

東浦和駅周辺に住まれている方は、通勤帰り、学校帰りにこのクリスマスイルミネーションを見ると、帰ってきたなぁと思えるほど、この時期の東浦和のランドマークとなっているのです。

それ以外にも、東浦和駅周辺は一戸建てのお宅が多いので、ご自宅をイルミネーションして輝かせているお宅が多いのです。

健康のためにも、イルミネーションお宅を探して散歩に出てみるのも面白いかもしれません。

 

東浦和イルミ

さいたま市緑区東浦和  最寄駅:JR東浦和駅から徒歩1分

野菜売りの女性像

珍しい像が昔を語る

浦和が埼玉県の県庁所在地になるまで発展していったのは、やはり江戸時代、中山道の宿場町として賑わっていたからでしょうね。

あれから時が経ち、浦和駅周辺は、最近できたアトレを始め、パルコそして長年、浦和のデパートして君臨している伊勢丹などのデパートが立ち並び、近代化していきましたが、ちょっとだけ駅から歩くと、昔の面影を垣間見ることができるスポットも多かったりします。

その中でも、面白いのが「野菜売りの女性像」。

中山道から常盤公園に続いている「市場通り」にある像で、その名のとおり野菜を売っている女性が像になっています。

市場通りと言う名も付いていることですし、そこに像があるのは、昔ここが野菜などを売る人でいっぱいだったのでしょう。今風に言うとフリマの先駆けですね(笑)

像も何体かありますし、その以外にも常盤公園周辺は昔の面影が多く残るポイントがありますので、次の休みでも散策に出かけませんか?

 

野菜売りの女性像

さいたま市浦和区常盤  最寄駅:JR浦和駅から徒歩10分

今晩は焼き鳥をつまみに熱燗ですかね

日中はまだまだ温かいですが、間もなく12月というだけあって夜はかなり冷え込んできていますよね。特に夜、遅くまで仕事をされていて帰宅している方は、帰り道しんどい季節になってきました。

こんな季節は、やはり温かい自宅で、熱燗をグビッといきたいところ。まさに、大人しか味わえない志向の時です。

 

日本酒に合うというかお酒なんでも合うものと言えば、「やきとり」が定番でしょうか。

ワンハンドで食べられますし、片手にはお酒を持ってなんて動きもできるから便利ですよね。

 

ただ、こんな寒くなってきている季節、帰り道にやきとりを求めてスーパーなどに行くもの面倒だったりします。

そんな時は、武蔵浦和駅構内にある「鶏陣」がおすすめです。

エキナカなので、行きやすいメリットはもちろんの事、やきとりのクオリティもかなり高いと思いますよ!鶏肉は身が締まっている感じで、タレの味も最高です。(もちろん塩もあります。)

今晩は、エキナカでやきとり買って熱燗で温まりましょう。

 

鶏陣

さいたま市南区別所  最寄駅:JR武蔵浦和駅構内

富美の湯

古き良き日本文化!

来週くらいからさいたまも予報によると、めっきり寒くなるみたいで、遅まきながら12月直前で本格的な冬がやってきますね。

そんな冬は、やはりお風呂に湯をはって、のんびり湯船に浸かりたいものです。血行が良くなるのもあるでしょうが、芯から温まるって感じです。

もちろん、帰宅後の自宅でのお風呂も最高ですが、たまには足を伸ばしてのんびりお湯につかりたいものです。

そんな時は、南区にある銭湯「富美の湯」はいかがでしょうか?

 

近年は、いわゆるスーパー銭湯のようなレジャー施設化している銭湯も増えていますが、こちらはまさに昭和から愛されている古き良き銭湯。

世代によっては分からないと思いますが、かぐや姫の「神田川」がバックに流れていて欲しい銭湯です。

ここの最大の魅力は、今も薪を燃やしてお湯を沸かしている点。

やはり温まり方が違く、健康促進や美容にもなるではないでしょうか?

 

富美の湯

 

さいたま市南区太田窪  最寄駅:JR南浦和駅から徒歩20分

クラフトビア

浦和初のクラフトビール専門店

ビールは真夏のイメージがある人がと多いと思いますが、最近はクラフトビールが流行っていて、爽快感を求めるだけでなく、様々なフレーバーを楽しめるようになっているので、冬でもビールを楽しんでいる人が増えているみたいですね。

そんなビール党にオススメなのが、浦和初のクラフトビール専門店「CRAFT BEER BABY」。

ここでは、常時10タップ用意されているので、流行りの!?比べ飲みはもちろんのこと、1人で一杯楽しんで帰路に着くような方も多いです。

また、そんなクラフトビールをはじめ、フードメニューもかなりリーズナブルで良心的なのです。
3000円もあれは、ビール満腹、お腹もいっぱい状態になりますよ。

 

クラフトビア

さいたま市浦和区高砂  最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩3分