image-23

テラス席は最高に気持ちよい!ロードサイドのスタバ

『月曜から夜更かし』理論によると、スターバックスの多い街は、都会ってことになりますが、浦和地区には、最近アトレ浦和にもできたので、全5店舗あり、まぁまぁ都会ってことでしょうかね。

そのなかでも、唯一のロードサイド店で、のんびり過ごせるのが、スターバックス浦和別所店。

駐車場も完備なので、家族で、仲間と、もちろん一人でも、思い思いの時を過ごすことができます。

なかでも、最高のひと時が過ごせるのがテラス席。浦和にいることを忘れ、どっかの避暑地にいるかのような気分でいられますよ。

今、期間限定のカンタロープメロンアンドクリームフラペチーノは、スタバ初のメロンを使ったメニューで、かなりのクオリティでハマりますよ。

 

image-23

 

さいたま市南区別所   最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩15分

image-21

母の日に手づくりなモノはどうでしょう

今年の母の日はいつか分かりますか?5月8日日曜日です。

なんとなくゴールデンウィークが終わってひと段落後っていうイメージですが、母の日は日付けではなく、5月第2日曜日って決まっているので、2016年は第1日曜日が1日だから、母の日もあっという間に訪れる感じがします。

さて、母の日に何を贈りましょうか?あまりにも身近な存在なだけに、迷うなんて人も多いのでは!?

そこでオススメしたいのが、ズバリ手作り!

5月1日からGW中、浦和パルコでは母の日に向けたワークショップが色々と開催されています。

なかでも3日~5日に行われる無印良品のクレヨンとスタンプを使って、
自分だけのマイトートバッグを作るワークショップ。
買い物袋としても有効的に使えますし、子どもと楽しみながら作れますよね。

 

image-21

 

さいたま市浦和区東高砂町   最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩2分

image-19

暑い季節にもぴったりな冷やし担々麺

私ごとですが、まだカレンダー上では4月にもかかわらず、日中は、もう夏なの?と思いたくなるほど暑くて、暑がりとしては、早くも辛い季節がやってきた感じがしてしまいます。

これからの季節は、昼ごはんとかあまり食欲が沸きませんが、食べないと夏バテしちゃうので難しい季節であります。

これからの季節にオススメのランチは、武蔵浦和にある人気ラーメン店『麺匠 むさし坊 武蔵浦和店』の夏のおなじみメニュー!冷やし担々麺はどうでしょう?

担々麺のイメージだと、アツアツで汗をガッツリかいて食べるのが一般的かもしれませんが、冷やしもいいですよ。

また、看板ラーメンである鶏白湯も唯一無二の味ですし、また営業時間が深夜1時までなので、終電で帰ってきた時などにも最高ですよ!

 

image-19

 

さいたま市南区別所   最寄駅:JR武蔵浦和駅から3分

image-17

アグリフェスタで大人も子どもの大満足!

ゴールデンウィークも、今年は10連休なんて煽っていましたが、結局、平日が2日入るから、10連休にするには有給を使わないといけないし、なんだかんだであっという間に終わっちゃうなんて人も多いような気がします。

しかし、家族サービスもしなくてはいけないし、でもあまりお金は使いたくないなぁって場合にオススメの地元で十分楽しめるイベントを紹介します。

それは、緑区の大崎公園で、昔から5月4.5日に行われるアグリフェスタ!
今ではアグリフェスタだなんて小洒落た名前になっていますが、昔は農業祭って言っていました。

農業祭だけあって、産地直送の農作物が買えるだけでなく、数多くの出店屋台や、ヒーローショーやアトラクションなどの子ども向けイベントもたくさんやっているので、ご家族でちょっとだけお出かけとかに最適ですよ。

 

image-17

 

さいたま市緑区大崎   最寄駅:JR浦和駅からバス30分

ゆう助

本場・仙台の味をフードコートで

ショッピングモールにあるフードコートと言うと、最近レベルアップが凄い!のはイ実感していましたが、基本的にはうどんやハンバーガー、牛丼などの和洋のファストフード的メニューをイメージしていました。

しかし、イオン浦和美園店のフードコートには、あの牛タンが楽しめるのです。

そのお店は「ゆう助 イオンモール浦和美園店」。

正直、フードコートの牛タンでは、ゴムみたく噛み切れないものかななんて思っていたのですが、それは間違っていました。

職人が厳しい目で部位を選定し、これを1週間かけて熟成させ、こだわりの味付けをしている本場・仙台の味を浦和で楽しめる一品!

フードコートだけに、値段も1000円程で楽しめるリーズナブルさも嬉しいところですね。

 

ゆう助

 

さいたま市緑区大字大門   最寄駅:浦和美園駅か徒歩3分

image-12

どのパンもクオリティ高い郊外にあるパン屋さん

「〇〇パンが美味しい」というお店は結構ありましが、東浦和にある「パン工房 風見鶏」は、驚くほどどのパンもクオリティが高いのです。

場所は、駅前にあるわけでなく、徒歩で15分程度歩かないといけない郊外にあるにもかかわらず、お客さんが絶えない人気店です。何でも、テレビや雑誌などのメディアで取り上げられているのだとか、場所はどこでもやはり美味しいものは広まるのですね。

ここで、おすすめのパンをいくつか紹介!

まずは「カツサンド」。

なんといっても、カツの分厚さがインパクト大です!蓋が閉まらないほどで、ボリューム満点。正直、デパ地下にあるような有名とんかつ店のものより数倍美味いです。

続いて「クロワッサン」。

バターの香りが芳醇すぎるのに加えて、中にちょっとだけクリームチーム?が入っていて、見事なハーモニーを奏でています。

最後に「王様のクリームパン」。

もうこれは、パンの域を超えて、スイーツ!つまりシュークリームに近い気がします。食べづらいのが玉に瑕だけど、幸せな気分になりますよ。

 

image-12

 

さいたま市南区大谷口   最寄駅:東浦和駅から徒歩15分

塚山古墳

住宅地の中にいきなり現れる古墳

最近、歴史好きの女子いわゆる歴女が流行りから定番のようになってきていて、神社などはどこも御朱印帳片手に、まるで小学生の時の、夏休みに行った(行かされた?)ラジオ体操の出席スタンプのように、各地御朱印を集めまくっている人もいるくらいですね。

今の歴女の主流は、なんでもゲームの影響で?一番華やかな戦国時代などの武将が中心みたいですが、人気と言うのは広がっていくもの。今後は、もっと昔の時代までフューチャーされていくように思います。

そんな昔の時代の一つが古墳時代。

古墳時代と言うと3世紀~7世紀くらいと言われていますから、今から1600年前の時代ですね。

古墳と言うと、奈良など歴史深い街の前方後円墳がお馴染みですが、浦和にも古墳があるのです。

それは『塚山古墳』。

知らない人が見ると、小高い空き地?みたくなっているのですが、ブロック塀に囲まれていてシュールな姿になっていますが、歴史に想いを馳せることができるスポットです。

 

塚山古墳

 

さいたま市桜区大字塚本   最寄駅:JR北浦和駅から徒歩30分

 

中華キッチン 新吉

中華を肴に一杯やりますか?

浦和駅西口の駅近くにある『中華キッチン 新吉』は、その名の通り、麻婆茄子や餃子、春巻を始めとした中華料理を肴に一杯楽しめる居酒屋です。

日頃はあまり中華は食べないと言う人も、例えば麻婆豆腐とか辛いものが多い中 華料理は、ビールがすすんで仕方ないくらいで最高ですよね。

もちろん、居酒屋として夜、利用するのも良いですが、おすすめしたいのはデリバリー!

浦和駅周辺から南浦和駅周辺くらいまでデリバリー可能エリアになっているので、本格的中華をご家庭で食べられます。ちょっと豪勢にした家呑みにいかがでしょうか?

また、600円程度と居酒屋ランチらしいお得な価格で楽しめるからあげ定食や生姜焼き定食と言った定番ランチ定食もありがたいですよ。

 

中華キッチン 新吉

 

さいたま市浦和区高砂  最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩2分

 

 

まるしん

老舗漬物店の漬物で漬けた焼魚!最高です

浦和は、江戸時代から浦和宿として中山道の宿場町だったこともあり、旅のお供にも最適な漬物も有名だったりします。

浦和漬なんて漬物もあるくらいなのですよ。

そのため、宿場町の中心地だった現在の浦和駅周辺には、老舗の漬物店が数多くあるのです。

その中でも、テレビのお散歩番組でも取り上げられるほど、人気を博しているのが「まるしん」です。

「まるしん」は、古くから続く漬物屋さんなのですが、今ではそんな漬物をメインにランチなど食事が楽しめる和食処になっているのです。

漬物メインと言っても、副菜?に金目鯛やさわら、キングサーモンなどのお魚の西京漬け焼きや粕漬焼きなどが楽しめる。

漬物屋さんの漬物で漬けたお魚・・・想像しただけでも美味しいに決まっていると言うものです。

 

まるしん

 

さいたま市浦和区仲町   最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩8分

ドクターカー

さいたま赤十字病院ドクターカー24時間運用開始

前もニュースで埼玉県は、全国ワースト1の病院の少なさだと指摘されていましたが、政令指定都市であるさいたま市だけは例外なように思えます。

自治医大やさいたま赤十字病院や、さいたま市立病院と言った多くの病床数を誇る大病院から個人病院まで結構あちこちにあるイメージです。

更に、今年中にはさいたま赤十字病院がさいたま新都心のスーパーアリーナ横に新装開業しますし、お世話にならないのが一番なのですが、いざと言う時のために、近くに病院があるのは安心ですよね。

そんな赤十字病院が、移転前の今年4月からスタートさせたのがドクターカー。

ドクターカーとは、救急車のドクターが乗っているバージョン、搬送する前に、その場で手当てが始められるというわけです。

そのドクターカーを、24時間体制で運行を開始。当然、浦和エリアも範囲内なので、心の安心になりますよね。

 

ドクターカー

 

さいたま市浦和区、さいたま市緑区、さいたま市南区、さいたま市桜区   最寄駅:浦和駅など