image-133

早起きして見沼自然公園にGO

今や子どもたちにとって最高の夏休み。ポケモンgoに夢中な子も多いかもしれませんが、梅雨が明けたら、たまには早起きして、緑区の見沼自然公園に行きましょう。

10.9haもの大きさを誇る見沼自然公園は、ただ広いだけでなく、トンボの生息地があったり、睡蓮の花が咲き乱れるスポットがあったりなど、子供だけでなく大人も日々あまり接することができなくなっている自然に体感できる公園なのです。

特にこの時期に、子供に早起きして欲しいのは、カブトムシ、クワガタが生息しているのです。昔だったら裏庭たかで、蜜を塗っておいて、翌朝起きるのが楽しみだったりしたものですが、それを今の時代体感できる夏休みにもってこいの自然公園です。

 

image-133

 

さいたま市緑区南部領辻   最寄駅:JR東浦和駅から徒歩15分

image-132

うなこちゃん像からうなぎ食べ歩きだ!

7月30日は、夏の土用の丑の日ですね。うなぎが高級品となったことで、逆に価値が高まったからか、1000円前後で、ガストやほっともっと、吉野家、す き家など身近なチェーン店で、気軽に食べられるようになっているし、コンビニでは注文販売で国産うなぎを食べられるなど便利な世の中になっていますが、や はり老舗うなぎ店のうなぎは味も質も一味も二味も違うものです。

やはり、うなぎと言えば、うなぎの蒲焼き発祥の地、浦和。浦和駅周辺を始め、浦和地区だけでも、20店以上うなぎの名店と言われているお店があり、1日使って食べ歩きも贅沢ですよね。徒歩20分圏内くらいが多いのでポケモンgoしながらだったらすぐ歩けてしまいます。

もちろんスタートは、浦和駅前のうなこちゃん像で決まりでしょう。

 

image-132

 

さいたま市浦和区高砂   最寄駅:JR浦和駅から徒歩1分

image-3

Jリーグ100年構想!レッズはサッカーを観るだけではない

Jリーグ100年構想というものをご存知ですか?

プロ野球の場合、集客数とかも考え、どうしても大都市にしかフランチャイズは置けませんが、Jリーグの場合現在まででJ3まであり、基本47都道府県にチームがあります。

それらのチームが100年後も地域で愛されているチームを目指して活動していくのがJリーグ100年構想。

つまりサッカーをしているだけではないと言うことですね。

もちろん浦和レッズも例外ではなく、例えば桜区にあるレッズランドと隣接する浦和西体育館をレッズが管理し、さいたま市民の健康増進に貢献をしています。

また、夏休み恒例なのが、浦和レッズ夏休みワークショップ キッズ集まれ工作教室。

ホームの試合日に埼玉スタジアムで行われるのですが、当日の観戦チケットを持っている子どもたちは無料で参加できます。

毎年恒例となっているこのイベントは、例えばオリジナルの箸作りをしたり、エコバッグを作ったり、自由研究にもなりそうな工作を体験できます。

 

image-3

 

さいたま市緑区中野田   最寄駅:埼玉高速鉄道浦和美園駅から徒歩15分

image-2

剣道で体力!集中力!機敏性!

この前、ネットニュースで見たのですが、『子どもに習わせたい習い事』第1位は、スイミングでした。

今の時代、英語とか多いのかななんて思っていたのですが、子どものうちに基礎体力を身につけさせたいとおもうものなのですね。親の世代だと、ちょうど体力の曲がり角だったりするので、妙に納得です。何をするにもカラダが資本ですからね。

スイミングも良いですが、基礎体力を身につけるだけでなく、集中力や機敏性まで身につくと言われているのが剣道。言わずもがな日本伝統のスポーツですよね。

駒場体育館では、 剣道場もあるので、駒場剣友会のような地域サークルが存在するので、子どもの習い事として、剣道と言う選択肢も考えてみてはどうでしょうか?

image-2
さいたま市浦和区駒場  最寄駅:JR北浦和駅から徒歩15分
image-1

焼きたてパンをブランチに♪

『サンマルク』と言えば、駅前立地やショッピングモールなどにも多く出店している『サンマルクカフェ』が有名ですよね。看板メニューのちょこクロを始め、オンリーワン的なメニューも多いのでカフェのなかで一番好きという人も多いと思います。

ただ今回紹介させてもらうのは、サンマルクの別業態『ベーカリーレストランサンマルク  浦和芝原店』です。

ベーカリーレストランと言うだけあって、焼きたてのパンがセットメニューで食べ放題になるお得感満載なもの。

なかでも個人的にはよもぎパンが美味すぎて、口の中に広がるよもぎの香りが忘れられないほど。また、メニューも驚くほど上品な洋食メニューばかり。

土日祝限定で、モーニングも行っており、ちょっと優雅な朝を過ごすことができますよ。

 

image-1

 

さいたま市緑区芝原   最寄駅:JR東浦和駅からバス10分

image-129

新米ママや妊婦さんのご近所的存在に

昔はご近所付き合いがあったり、サザエさんなような3世帯の家庭なども多かったので問題なかったですが、最近は、核家族が進み、赤ちゃんが生まれても、色々と悩み事が多くて育児ノイローゼとなる人も増えてしまっているようです。

浦和の鹿手袋にある『ピンポンマム』は、まさにご近所付き合い的に赤ちゃんができたママさんや妊娠中の方のコミュニケーションの場となれるスポットです。

ベビーマッサージ教室、ベビーグラファー教室、ファーストサイン教室などの各種教室が充実しており、新米ママさんなどの強い味方です。

教室以外にも、同じ境遇の新たなお仲間がたくさん作れるのも大きなメリット。ちょっとした愚痴を言えるような仲間ができるだけで、心に潤いがうまれたりしますよね。

 

image-129

※画像はホームページより

さいたま市南区鹿手袋   最寄駅:JR武蔵浦和駅から徒歩15分

image-128

夏休みの自由研究を探しに浦和博物館へgo

学生にとって待ちに待ったなつや到来ですね。大人にとっては1ヶ月半もある夏休みだなんて羨ましくて仕方ないですが、小学生時代とか長いなんて感覚はなく、あっという間に過ぎていくイメージですよね。

そんな小学生にとって、夏休み最大の敵というか課題はやはり自由研究。自由というだけに、よりテーマの決め方が難しいですよね。難しすぎるテーマだと自分の首を絞めてしまうし、簡単すぎるものだと、9月になって発表するのはちょっと。。。って感じです。

そこで、夏休み期間中に開催中の浦和博物館にgoです。
浦和博物館では、自由研究になりそうな地域に伝わる資料の展示などを見ることができます。

浦和駅、北浦和駅、東浦和駅からバスが出ているさいたま市立病院と同敷地なので、どこからでも行きやすいのも嬉しいとこです。

 

image-128

 

さいたま市緑区三室   最寄駅:JR北浦和駅からバス15分

image-126

1000円未満で中華バイキング!?

今年、東浦和の駅近くにオープンして、早くも話題となっているのが、『土鍋大餃子』。

その名のとおり、手作りの餃子を筆頭にシュウマイや、中華まんなどの点心が目玉です。

特に餃子は、オーソドックスなもの以外にも、チーズトマト、インドカレーなど変わり種餃子も多く、食事にもお酒のお供にも最高です。

しかし、この土鍋大餃子メリットはそれだけではありません。なんと980円で中華バイキングが楽しめるのです!1000円未満で食べ放題だなんてお得過ぎる!何故か中華メニュー以外にもうまい棒まであり、キッズ喜ぶこと間違いなしですね。

クオリティも悪くなく、もう2~3品くらい食べたら元が取れちゃうのでは!?と思うほど!別にドリンクバイキングもあり、家族でも仲間うちでもとことんお腹いっぱいになりますね。

 

image-126

 

さいたま市緑区東浦和   最寄駅:JR東浦和駅から徒歩5分

9330887666_f9fb846162_z

ビール以外も充実が嬉しいビアガーデン

今年もまだ関東では梅雨が明けていませんが、気分的にはお子さんがいるご家庭では長い夏休みがスタートするなどもう夏気分の人が多いのではないでしょうか。

夏の到来と言えば、やはり毎年恒例の伊勢丹浦和店のビアガーデン!

もうここに来ないと夏は始まらない!と言う人もいるほどです。

しかし、近年は若者のビール離れが進んでいるなんて言われているように、ビアガーデンで盛り上がるのはすきだけどビールはちょっと苦手なんて人も多いのでは!?

その点において、伊勢丹のビアガーデンは安心なのです。

ビール以外に、ドリンクメニューの充実ぶりが評判。

なかでも、ジャックダニエルも飲み放題で、ジャックソーダかジャックジンジャーなどハイボールで好きなだけ楽しめると言うわけです。

夏の訪れに伊勢丹浦和店のビアガーデンで景気よくスタートしましょう。

 

9330887666_f9fb846162_z

さいたま市浦和区高砂   最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩2分

image-124

浦和駅前で沖縄心地

浦和にいながら、日本が誇るリゾート地沖縄気分を味わえる沖縄料理店が『彩菜BAR Q’S』。

なんでも日本のサラリーマンの平均夏休み日数は3.4日ということで、帰省くらいで沖縄旅行だなんて夢のまた夢だと思っていても、浦和駅前なら十分満喫できますよね。

彩菜BAR Q’Sは、とことん沖縄にこだわっており、ゴーヤチャンプルーに代表されるチャンプル料理、石垣牛、アグー豚、海ぶどう、ミミガーなどなど沖縄料理が満載なのです。もうそれだけでも日本の食文化は奥が深いですよね。

また、お酒も泡盛やシークワサーサワーなどの定番から、沖縄の甕出し古酒まで、ラインナップだけでもこだわりを感じます。

24時までの営業なので終電まで沖縄気分に浸りましょう。

 

image-124

 

さいたま市浦和区仲町   最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩7分