89f80b25

「水と憩いの広場」でじゃぶじゃぶしよう!

もうカレンダー的には、今日は8月ラストですが、最近は9月と言っても真夏のような暑さもあり、まだまだ残暑厳しい日が続きますよね。

こんな季節には、武蔵浦和にある「水の憩いの広場」でのんびりした時を過ごしませんか?

「水」と「憩い」って暑いこの季節にはピッタリなネーミングですよね。なんか名前を聞くだけで、ちょっぴり涼しい気持ちになれます。

「水と憩いの広場」は、白幡配水場の施設内にある親水公園で、配水場なだけに、水は豊富!なかでも、子どもたちのわんぱくスポットとなっているのが、「じゃぶじゃぶ池」。もう、とことんじゃぶじゃぶしちゃってください。

広大な芝生広場もありますし、水が流れている近くなので、マイナスイオンが発生しているのか、気持ちよさは格別!「水と憩いの広場」で癒されましょう!

 

89f80b25

 

さいたま市南区白幡   最寄駅:JR武蔵浦和駅から徒歩7分

image-153

お手軽に手巻きパーティーはいかが?

最近は、回転寿司の出店ラッシュの波や、コンビニやスーパーでの寿司のクオリティが上がっていることで、経営的にも苦しいなんて言われている小僧寿しですが、昔から気軽に食べられる持ち帰り寿司と言えば、小僧寿し!

浦和の街で、昔から親しまれている小僧寿し店舗が、小僧寿し原山店です。

小僧寿しと言えば、自宅のパーティーや、ちょっとしたお祝いにも最適な大皿も良いですが、やはり個人的には手巻き寿司!

納豆やサラダなど、定番モノから、その季節の旬の食材のもの、カルビやから揚げなんていうにくいメニューまで、常時10種類以上あり、この品揃えはコンビニでは無理ですよね。

種類が多いから、家族で色んな手巻き寿司を買って、手巻きパーティーも楽しそうですね。

 

image-153

 

さいたま市緑区原山   最寄駅:JR浦和駅から徒歩15分

image-152

RIOじゃなくてRIQだった!

『お好み焼きRIO』なんて、旬なネーミングのお店なんだと思いきや、『お好み焼きRIQ(リキュウ)』でした  笑  時差12時間のブラジルリオデジャネイロオリンピックを見過ぎで、睡眠不足が祟ったのか!?

それはさておき、『お好み焼きRIQ』は、コスパ最強とも言えるお好み焼きさん。

なんと飲み放題、食べ放題で2370円という、なんともお財布に優しい価格設定。

北浦和という場所柄か、食べ盛りの埼大の学生さんや、サラリーマンなどでいつも大盛況なんです。

食べ放題プランは、色んなお店でやっていますが、2000円台というのは、珍しいほど格安ですよね。

家族で、仲間で、みんなでワイワイお好み焼きを焼きながら盛り上がる時間。まさにその時間はプライスレス!

 

image-152

 

さいたま市浦和区北浦和   最寄駅:JR北浦和駅から徒歩5分

 

 

image-151

子どもの『好き』を伸ばしてあげよう!

多くの感動を巻き起こして終了したリオオリンピック。これからは、パラリンピックが始まるので、楽しみはまだまだ続きますが、4年後に、この感動が日本で、TOKYOで観られるなんて、今から興奮してしまいます。

きっと、この興奮は子どもたちでも一緒。◯◯のスポーツやりたいなどと言ってきているお子さんもいるのではないでしょうか?

体操の内村選手や白井選手、レスリングの伊調選手や吉田選手など、めだりとなった親御さんにインタビューをしているのを聞いていると、強制的にやらせているのではなく、自分のやりたい気持ちを伸ばしてメダリストとなっていったのですね。

子どものやりたい気持ちを伸ばすのは、やはり親の責任なのかもしれません。

浦和のルネサンス浦和では、ジュニアスクールがあり、水泳や体操、テニス、サッカーなど、それぞれのスポーツの基礎を学べます。

なんでもリオオリンピック、日本の全メダリストの4分の1が、埼玉県にゆかりのある人だとか。スポーツ大国の埼玉で、数年後感動を巻き起こしてくれるアスリートを育成だ!

 

image-151

 

さいたま市浦和区針ヶ谷   最寄駅:JR与野駅から徒歩7分

image-154

『赤』と『水色』のアンサンブル!!

リオオリンピックでは、サッカー日本代表は、残念ながら一次リーグ敗退と、振るわず終わってしまいましたが、9月に入ると、ワールドカップロシア大会の出場権を争う最終予選も始まりますし、これからはサッカーの季節です。

そ して、Jリーグも盛り上がりを見せています。画像は、先日20日に行われた浦和レッズvs川崎フロンターレ戦の光景。首位争いで、しかも川崎という近郊の 都市のチームということもあり、サポーターも大熱狂。レッズの赤と、フロンターレの水色にくっきり分かれ声を張り上げていました。

浦和レッズサポーターというと、過激なイメージばかり伝えられていますが、画像にある南側の自由席は、安い自由席のチケットながら、レッズ側は座って見るのが原則。なので、家族連れや中学生くらいの子供だけのサポーターの数多く見受けられます。

Jリーグが好きになると、毎週末張りが出るなんていう浦和市民も多いほどですよ。

 

image-154

 

さいたま市緑区中野田   最寄駅:浦和美園駅から徒歩15分

※埼玉スタジアム

image-150

こんな時はデリバリーでしょ!

スポーツ好きの私としては、オリンピックが間もなく終わり、ようやく夏休みって気分ですが、サッカーのワールドカップ最終予選は早速9月から始まりますし、Jリーグも現在レッズは首位ですし、目が離せない試合が続きます。

もちろんスポーツ観戦は、生でライブで観るのが一番ですが、まだまだ暑い日が続く今、エアコンの効いた部屋でビールでも片手でテレビ観戦もなかなかのものです。

そんなスポーツテレビ観戦時などは、デリバリーサービスはどうでしょう。

この地域のデリバリーサービスでオススメが「釜寅」。

釜飯がメインの和食デリバリーです。

お寿司や中華などは多いですが釜飯って日頃なかなか食べませんから良い機会ですよね。

それぞれ季節に合わせた旬素材の釜飯もあり、季節を感じられるのも◎です。

 

image-150

 

さいたま市南区別所   最寄駅:JR浦和駅から徒歩8分

image-149

みずみずしさが違う!フルーツパーク浦和でブドウ狩り

まだまだ暑いし、台風はくるし、夏が終わった感じは一切ないですが、スーパーなどに行くと、ブドウや梨などいわゆる秋の味覚も出揃ってきていて、秋の訪れを感じられるようになってます。

せっかくの秋、スーパーで気軽に買うフルーツも良いですが、フルーツパーク浦和で、みずみずしい鮮度抜群のフルーツを堪能しませんか?

なかなか言葉にするのは難しいですが、やはり採りたてのフルーツは、美味しさが水っぽさが違うのです。一度食べたら採りたて止められません。

ちょうど今くらいの時期では、巨峰、ヒムレットシードレス、藤稔と言った品種のブドウ狩りや、幸水、豊水と言った品種の梨の直売を実施中。

自分で狩ったら、美味しいも倍増間違いなしでしょうね。

 

image-149

 

さいたま市緑区間宮   最寄駅:JR東浦和駅から徒歩15分

Screenshot_15

毎週木曜日に開かれるわたしたちだけの美術館

毎週木曜日だけに開かれている住宅街にひっそり佇む美術館。

なんかもうそれだけでも、特別感があって心惹かれませんか?

実際存在しているのです。東浦和の住宅街にあるgallery pepin。

ほぼ2ヶ月おきに、展示内容が変わっていて、現在は新進気鋭のアーチスト宮嶋結香の作品展を開催中。

gallery pepinのモチーフは、地域の人たちの日常生活にアートに親しむココロの種を植えられますように。というもの。

毎週木曜日、ちょっとだけでもアートに触れて、心のリセットをするというルーティン。凄く素敵な人生になりそうです。

ただ作品展だけでなく、ワークショップも同時開催しているので、自らアートの世界に一歩踏み込んでみませんか?ちょっと人生が鮮やかになることでしょう。

 

Screenshot_15

 

さいたま市緑区大牧   最寄駅:JR東浦和駅からバス10分

image-146

どの冷やしメニューにする?さんざん悩もう!

もう、暦の上ではお盆も過ぎて、残暑って言うのかもしれませんが、暑いのがからっきし苦手な私は残どころではない気がしてなりません。最近の季節は春秋なくて夏冬に、突入してる感がありますからね。

そんなまだまだ暑いので、ひんやり冷たい冷やしメニューはどうでしょう。ただいま浦和PARCOでは、爽やか冷やしメニューと銘打ってイベントを実施中。

何がメリットって、レストラン街合同イベントなんで、イタリアンあり焼肉店あり、蕎麦店あり、沖縄料理ありなど、その場に着いてからどれにしようか大いに悩むことができるわけです。
上層階には映画館や図書館もあるので、一つに絞らなくてもいいかもしれませんね。

駅からもすぐな点も暑い日にはホント助かります。

 

image-146

 

さいたま市浦和区東高砂町   最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩3分

 

image-145

一歩入ればそこはバリの楽園

もうどの国か分からないほど、日本のグルメは国境などのないボーダレス化していて、ひいき目で見なくても、いまや日本は世界一のグルメ大国ですよね。様々 な国のグルメが楽しめるだけでなくクオリティも高いから、食べるの大好きな私にとっては、ホント日本に生まれて良かったと思うばかりであります。

浦和にあるサマディオリエンタルスタイルも、そんな気分にさせてくれるお店の一つ。

一歩お店に入ったら、もうそこは浦和ではないのです!世界屈指のリゾート地バリなのです。

雰囲気だけでなく、エスニック料理を中心としたインドネシア料理は、なかなか日本人の口にも合うと大評判。食器などもバリ直輸入でこだわっていますよ。

駅から徒歩3分のインドネシア•バリ。パスポートがいらない楽園です。

 

image-145

 

さいたま市浦和区高砂   最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩3分