正福寺

子供が走る昭和の光景

先日、さいたま市浦和区上木崎にある「正福寺」の前を通ったら、子供のきょうだいが走り回って遊んでいました。近所の子どもさんでしょうか?それともお葬式などでお寺を訪れていたご家族なのでしょうか?

もちろんお寺は本来、お参りをする場所で神聖な場所なのですが、子どもにとっては敷地も広くてちょっと走り回りたくなりますよね。なんだか、良き昭和の光景を見た気がしてほっこりしました。

現在、朝ドラ「ひよっこ」でも昭和の人々を投影していて話題になっていますが。なんか今の時代には忘れられた温もりがあるように思えてなりません。そんな雰囲気を正福寺ではまだ残っていたのです。

ちなみにこの正福寺、新編武蔵風土記稿には「天台宗、中尾村吉祥院門徒、光珠山無量院と号す。本尊正観音を安せり。」と記載されており、かなり歴史のある天台宗の寺院。

新秩父三十四ヶ所霊場19番目に数えられており、是非昭和の温もりを取り戻しに参拝してみては?

 

正福寺

 

さいたま市浦和区上木崎   最寄駅:JR与野駅から徒歩15分