先日の生活を知って今の生活を知る「浦和くらしの博物館民家園」

私も含めてですが、現代人は電気が1日でも止まってしまったら生活できない

くらいですよね。

ただ限りある資源なので、出来る限り節電に励む必要はあります。

 

そんな節電思考になるべく、昔の生活を垣間見てみませんか?

さいたま市緑区にある「浦和くらしの博物館民家園」です。

 

「浦和くらしの博物館民家園」は、市内最古の民家といわれる「旧蓮見家住宅」など

茅葺屋根の昔ながらの住宅を7棟移築復元したスポット。

ただ外から茅葺屋根の木造住居を見るだけなら、まだまだ日本各地にありそうですが、

「浦和くらしの博物館民家園」は、中にも入れて、中は当時の生活を垣間見ることができる

ようになっているのです。

 

特に子どもさんなどには、「昔はこんな風に生きていたんだ」と好奇心が刺激されること間違いなしです。

 

大人も、先人の生活を見ることで、今の生活で見直すことができるポイントを考えされられますよ。

 

古民家

 

さいたま市緑区下山口  最寄駅:JR東浦和駅よりバスで10分ほど