密蔵院

一足早い桜の開花

日本が1年で最も美しい季節、桜の季節がもう間もなくとなりました。

桜といえば、ソメイヨシノで、ニュースなどでの開花予想もソメイヨシノの開花日を予想していますが、ソメイヨシノ以外にも桜の種類は色々あります。

なかには、地元埼玉生まれの桜もあることをご存知ですか?

浦和のお隣の街、川口で生まれた安行桜です。

安行桜は、昭和20年代初めに沖田雄司さんという方が、安行慈林にあった田中一郎宅の裏にあった早咲きの桜を元に穂木や接ぎ木をして増やしていったものです。

その特徴は、ピンクの色彩がやや濃く、花が少し小ぶりで可愛らしいイメージで、そしてソメイヨシノより早咲きなので、埼玉でももう今頃が毎回を迎え始めています。

その安行桜発祥の地、川口市安行にある安行桜の名所が「密蔵院」です。

密蔵院は川口の東側にあり、JR東浦和駅からも歩いて30分ほど、浦和からなら自転車でちょうど気持ち良い距離ですよ。

 

密蔵院

 

川口市安行   最寄駅:JR東浦和駅から徒歩30分