むつみ

明治後に合祀した睦神社

JR武蔵浦和駅から歩いて10分ほどさいたま市南区白幡にある神社が「睦神社」です。

創建年代は不明ですが、明治維新後に八幡社・春日社・天王社・天神社を合祀してできた神社といわれています。

神明山東福寺の守護として祀られたのではないかとされており、合祀後の明治44年に睦神社と改称しました。

南区白幡は今でこそ閑静な住宅街になっていますが、その昔、平将門を征伐するために藤原秀郷がしばしば陣を張り、八幡神を勧請して軍の勝利を祈った際、陣中に白幡を立てたことに「白幡」という名前は由来しているとされており、歴史的にも重要な地。

神社はやや急こう配な階段を上ると鳥居が見えてきます。頂上まで登れば、神聖な空気が流れているのでちょっと心が洗われた気分になりますよ。

 

むつみ

 

さいたま市南区白幡   最寄駅:JR武蔵浦和駅から徒歩10分