宝性寺

「道のともがきの寺」を目指す南浦和 宝性寺

お寺と言うと、宗派は?など色々と考えてしまい、敷居が高いイメージを持っている人も多いではないでしょうか?

南浦和にある宝性寺は、宗派を問わず誰でも気軽に行けるお寺で、月1回のペースで、朝がゆ会や、寺ヨガも行っているので、日常で行っても充実できます。

特に朝がゆは、やはりお寺という厳かな場所で、食べる朝がゆは、体中が清められるような感じで最高に美味しいですよ。

また、先日は住職さんを中心に、四国88ヵ所と高野山の参拝を行うなどしているので、一人ではなかなかお遍路さん興味あるけど腰が重い人は、宝性寺でお仲間を作って、みんなでお遍路めぐりするのも良いのではないでしょうか?

やはり、お寺をお参りすると心が洗われますので、ちょっと時間が空いたら是非 宝性寺へ。

宝性寺

 

さいたま市南区南本町  最寄駅:JR南浦和駅から徒歩2分

月第二、第四日曜の朝に坐禅会

守光院で座禅会

正式名称を「護国山守光院」というさいたま市南区にある寺院です。その開基は、鎌倉時代直前の冶承四年(1180年)とされており、源頼朝の家来だった佐々木三郎守綱が建立したとされています。

佐々木三郎守綱は、宇治川合戦のとき先陣争いで有名な佐々木四郎高綱のお兄さんです。

この「守光院」、毎月第2、第4日曜の朝に坐禅会を開いています。どうしても日曜日お休みの日とはダラダラしてしまいがちではないですか?

座禅会は、朝7:00に始まり、8:30には終わりますので、有意義な日曜日にするには最高のスタートを切れます。

座禅で気持ちも一新できますし、人生がより楽しくなりそう、というか楽しいことが身を清めることで向こうからやってきそうですよね。

月第二、第四日曜の朝に坐禅会

 

さいたま市南区太田窪   最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩20分

氷川女体宇神社

女性は氷川女体神社がご利益あり?

1月初めての週末となり、そろそろ否応なしでも正月気分からの脱却を図らないといけない頃ですよね。

ただ、今年こそは行こうと思っていながらも、まだ初詣行けていないなんて人も少なくないのではないでしょうか?

私もそうですが、正直人混みが苦手で、ものすごく行列に並んでまで参拝しても神様もいちいち願い事なんて聞いてなれないのではなんて思っちゃうのですよね。

そこで、初詣参拝者も一段落するこの時期に、改めて初詣に行きませんか?

さいたま市内では、毎年200万人を超える初詣客で溢れる大宮の武蔵一宮氷川神社や、ウサギの神社としても有名な浦和の調神社など有名ですが、この氷川神社の対となる緑区にある「氷川女体神社」というのをご存知ですか?

あの武蔵一宮氷川神社と対になるのに、参拝者数ではかなり少ないので、うがった見方をしてしまえば、ご利益ありそうですよね。

この氷川女体神社の「奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)」という女性なこともあり、恋愛成就、縁結び、夫婦円満、子宝、安産など女性の幸せを願える神社なのです。

氷川女体宇神社

 

さいたま市緑区宮本  最寄駅:JR東浦和駅からバス15分

SONY DSC

初詣はやはり調神社

新年最初の恒例行事と言えば、やはり初詣と言う人も多いのではないでしょうか?お隣の大宮にある氷川神社では、氷川神社の総本山と言うこともあって、今年も大宮駅に近い方まで続くほど長い参拝客で溢れていました。

浦和もそこまでではないにせよ有名な神社がありますよね。そう、調神社です。調(つき)と読むことから、「月」となりウサギがモチーフの神社で、狛犬ならぬ狛うさぎが存在するのですよね。

そんな調神社、数々の不思議があり、そのなかでも有名なのが1年を通じて蚊やハエがいないということ。緑が生い茂ったところなので普通はたくさんいるものですが、なんでも祭られている神様が嫌いなのだとか。

やはり神社って言葉では言い表せない神聖な空気が流れていますが、ハエや蚊も敏感に感じ取っているのでしょうか?不思議ですね。

 

 

さいたま市浦和区岸町  最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩10分

御嶽神社

樹齢350年の巨木がある御嶽神社

さいたま市桜区田島にある浦和御嶽神社は、鎌倉時代に第92代伏見天皇によって創建された歴史ある神社です。御祭神は、國常立尊、大己貴命、少彦名命、猿田彦大神、天鈿女命とされています。

この浦和御嶽神社のシンボルとも言えるのが、大きなイヌマキの木。なんでも樹齢350年と言われています。

350年前と言えば、1667年。江戸幕府の海部が1603年、1685年のようですからちょうどその間。詳しくないのでよくは分かりませんが、3代将軍家光の頃でしょうか。その時からこの木があると思うと、なんだか感慨深くなってしまいます。

また、来月、12月19日には毎年、「鎮火星祭大祭 火渡り神事」が行われている。1年の厄を払うと言われており、江戸時代から続いている伝統行事です。

 

御嶽神社

 

さいたま市桜区田島    最寄駅:JR西浦和駅から徒歩10分

 

日光の紅葉の見ごろはこれからです

春の桜もそうですが、秋の紅葉も「日本の美」を象徴するような美しさがあり、日本に住んでいるなら是非とも見ておきたい美観の一つですよね。個人的にはピンク一色の桜も最高ですが、紅葉は様々な色で溢れ、今風に言えばインスタ映えするカラフルな情景が拝めます。

関東近郊で、紅葉の名所と言えば、やはり「日光」を思い出す人の多いのではないでしょうか?

もう11月になり、気候的には「冬?」と思うような寒い日も少なくないですが、山の上にある日光だけに、これからが紅葉の季節!

浦和駅から日光までは乗り換えなしの直通号が走っているのをご存知ですか?

日光号やスペーシアきぬがわ号などが浦和駅から日光まで直通しているので、ご高齢の方でも気付くと日光にたどり着きますよ!

 

浦和駅

 

さいたま市浦和区高砂   最寄駅:JR浦和駅

※浦和駅

氷川女体

女性のための?氷川神社

氷川神社と言えば、隣町の大宮区にある「武蔵一宮氷川神社」が有名で、埼玉だけでなく東京にも広がる氷川神社の総本山ですが、その昔は、この「武蔵一宮氷川神社」が男体社として、女体社がこのさいたま市緑区宮本にある「氷川女体神社」です。

主祭神も、大宮の 須佐之男命の妻である奇稲田姫命。まさに女性のための氷川神社というわけです。

大宮の氷川神社が、埼玉一のターミナル駅である大宮駅から徒歩圏内なのに対して、氷川女体神社は、正直アクセスはあまり良くないこともあり、知名度は低いですが、総本山に負けない程の神がかった壮大な雰囲気がそこにはあると思います。

特に秋のこの時期は、視覚から来る美しさもあり、一気に心が浄化されるようです。

 

氷川女体

 

さいたま市緑区宮本    最寄駅:JR東浦和駅からバスで15分

調銀杏

浦和駅徒歩圏内で楽しめる紅葉スポット

もうめっきり寒くなり、秋を飛び越えて冬気分の人もいるかもしれませんが、秋の醍醐味とも言える紅葉はこれからですよね。

紅葉鑑賞と言うと、山の奥地のほうに行くイメージですが、浦和駅から徒歩圏内でも結構見ごたえのある紅葉スポットが存在しているのです。

そのなかのひとつが、「調神社」。

あのうさぎがモチーフの神社ですから、(あくまでも私見ですが)うさぎと言えば月見、そうこの季節こそ調神社に参拝に行くべき時なのです。

調神社には、銀杏の木が多く植えられており、だいたい11月中旬くらいになると一気に神社が黄色く染まります。

黄色の銀杏に、うさぎの狛犬ならぬ狛うさぎ、今流行りとインスタ映えする写真も撮れるのではないでしょうか?まさに秋を感じるにはおすすめですよ。

 

調銀杏

 

さいたま市浦和区岸町   最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩10分

宝性寺

朝粥で見も心も清らかな気持ちに

JR南浦和駅から徒歩3分ほどで、行きやすいのも嬉しい「宝性寺」は、様々なイベントも開催されているとても身近に感じることができるお寺です。

最近、流行りの寺ヨガや写経なども随時開催されているのですが、宝性寺と言えば、やはり「朝粥会」。

毎月(年10回)21日に行われる「朝粥会」は、早朝6時に朝粥が振る舞わられ、見も心も清らかな気分になるもの。

やはり朝は空気が澄んでいますから、「早起きは三文の徳」ではありませんが、やはり気持ちよさが格別です。朝粥がいつも以上に美味しく感じられ、1日の、いやひと月頑張るパワーがもらえるというものです。

なんでも檀家の人以外参加できないと思っている人が多いようですが、誰でも気軽に参加できるみたいですよ。

 

宝性寺

 

さいたま市南区南本町    最寄駅:JR南浦和駅から徒歩3分

落語

お寺で落語と開運祈祷で幸せな1日を

日蓮宗の円蔵寺は、JR浦和駅東口(パルコ側)から歩いて5分程度と、浦和の中心地にある立地も良いことでも知られている寺院です。

こちらの円蔵寺、結構ユニークなイベントもやってきて、日頃あまりお寺や神社などに行かないような人でも敷居が低いお寺さんなのです。

例えば、簡単な写経・法話などを楽しみつつ、お茶を飲みながらの気楽なおしゃべり会をする「オレンジカフェ」や、お寺でヨガを楽しむ、その名も「寺ヨガ」などを随時開催しているのですが、なかでも、10月10日に行われる「開運落語会」に注目!

「開運落語会」では、立川流真打・立川談慶師が落語を披露してくれると同時に、日蓮宗独自の木剣を使った加持祈祷で運気もアップ!笑って運が上がるってホント幸せな時を過ごせますよね。

10月10日 17:30開場 18時祈祷開始 18:30落語開始

 

落語

 

さいたま市浦和区東岸町     最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩5分