小林もみじ園

見ごろは11月下旬!小林もみじ園で秋を満喫

もう少しすると、もうダウンジャケットが必要なくらい冬が訪れてしまいそうですが、ほんの少しでも秋を満喫したいですよね。

浦和からだと隣町の川口(最寄り駅としてはSR戸塚安行駅)に、秋の象徴ともいえるもみじが咲き乱れる「小林もみじ園」があります。

小林もみじ園は、3,500坪の敷地の敷地に400種のもみじが植えられており、紅葉の時期には黄色やオレンジ、赤など色とりどりのモミジが目の保養になります。

このあたりのもみじの見ごろは、11月下旬ころ。ちょうど今くらいに色づきはじめ、まもなく紅葉が満開になることでしょう。

浦和からでは、浦和美薗駅を使えば、電車で1本10分ほどで戸塚安行に着きますし、駐車場もあるので車なら15分弱ほどです。

小林もみじ園

 

川口市安行領家   最寄駅:SR浦和美薗駅から電車で10分

吉祥寺

知る人ぞ知る紅葉スポット「吉祥寺」

近年は、暑い夏がようやく終わったかと思ったら、すぐに冬がやってきている感じがして、「秋」はどこいった?という感じですよね。

しかし、日本の秋は、桜の時期と並んで日本が最も美しい季節。少しでも秋を満喫したいものです。

浦和は、浦和駅周辺などではビルが立ち並び自然は少なくなっていますが、浦和駅から徒歩10分程度の「調神社」や、さいたま市緑区の「大崎公園」など紅葉が楽しめるスポットも意外と多いのです。

そのなかでも、知る人ぞ知ると言えるとっておきの紅葉スポットが、さいたま市緑区中尾にある「吉祥寺」。

吉祥寺といえば、あの東京の若者が住みたい街として有名ですが、浦和にも吉祥寺があるのです。(東京の吉祥寺にも紅葉スポットがありますけどね)

浦和の吉祥寺では、紅葉のだいご味であるモミジの黄色やオレンジの葉でいっぱいになり、まるで絵葉書のような幻想的な紅葉が目に飛び込んできます。

JR東浦和駅から歩いていくと30分くらいかかる、立地的には好立地とはいえないこともあり、地元民だけでひっそりと楽しんでいる名紅葉スポットですね。

吉祥寺で秋を満喫して、心穏やかな時間を過ごしましょう。ストレスなんてどこか吹っ飛んでしまうことでしょう。

 

吉祥寺

 

さいたま市緑区中尾   最寄駅:JR東浦和駅からバスで15分

紅葉

おすすめの埼玉紅葉スポット

間もなく10月。10月も後半になってくると、葉が色づくはじめ、春の桜の季節とともに、日本が誇る「美しい日本」の季節がやってきます。

大人になればなるほど、桜や紅葉など自然の美しさをのんびり見たくなるのですよね。

今年の紅葉狩りにおすすめな埼玉の紅葉スポットは、飯能市にある「名栗湖 有馬渓谷」。

奥武蔵に静かな湖面である名栗湖は、そこまで知名度が高いわけではないので、人手もまばらでゆったりと紅葉見物が可能。

湖とモミジなどの紅葉葉のコントラストは、まさに幻想的。現実を忘れされてくれる美しさです。

同じ飯能でも浦和からは遠いイメージがあるかもしれませんが、電車だと南浦和など武蔵野線で新秋津、そこから西武線で1本で飯能までは行けるので、1時間かからないくらいなのです。車でも同じくらいの時間でたどり着きます。

飯能には話題のムーミンパークもありますし、温泉地もあるので1泊2日で行くのも素敵ですね。

 

紅葉

 

さいたま市浦和区、さいたま市南区、さいたま市緑区、さいたま市桜区   最寄駅:JR南浦和駅から電車で60分

吉祥寺

雨に濡れても映えるアジサイを見に行こう

今年もほぼ例年通り梅雨に突入して、ジメジメとした正直あまり心地よいとは言えない季節に突入しました。

しかし、梅雨の時期だからこそ楽しめることも色々とあるのです。

そのひとつが「紫陽花」。

ちょうど梅雨のこの時期が見ごろで、ブルーだけでなく、ピンクやパープル、ホワイトなど紫陽花だけでもさまざまな色を楽しませてくれるのでうれしいですよね。

浦和内にある紫陽花の名所は、吉祥寺。

吉祥寺といっても、あの住みたい街上位常連の東京の吉祥寺ではなく、さいたま市緑区中尾にある寶珠山十林院と号す、天台宗の別格本山。

緑に覆われた静寂の雰囲気を保っている吉祥寺には、ちょうど今の時期、紫陽花が見事。人も多い場所ではないので、ゆったりと自分のペースで紫陽花鑑賞できますよ。

雨に濡れている紫陽花も綺麗で映えますよね。

吉祥寺

 

さいたま市緑区中尾   最寄駅:JR浦和駅からバス15分

自転車

電動キックボードシェアサービスで見沼田んぼを疾走

最近はマンションごとにシェアカーサービスが流行っていたり、コンビニや駅前で乗り降り可能な自転車レンタルなどシェアサービスが多くなっていますが、この度、埼玉高速鉄道の浦和美園駅でスタートしたのが電動キックボードシェアサービス。

車のように免許が必要で、バイクのようにヘルメットの着用が義務付けされていますが、車やバイク以上に気軽に乗りこなせますから、やはり浦和美園駅に設置したのは、歩くと20分ほどかかる埼玉スタジアムまで疾走する利用法でしょうか。

もちろん試合日以外でもレンタルできますので、おすすめの利用法は天気の良い日に見沼田んぼような見渡す限り自然が広がっているところをキックボードで疾走すること。想像しただけでも気持ちよさそうです!

他にも岩槻のお寺巡りなども良いですよね。

気になる料金は、基本利用料金は、ロック解除で100円+1分毎に25円が加算される仕組みとなっています。

 

 

 

自転車

 

さいたま市緑区美園   最寄駅:SR浦和美園駅構内

桜

見沼通船堀の桜観賞ももうわずかです

今年も桜の時期が終わろうとしています。ただ今年は咲いてから寒い日が続いたこともあり、満開時期が長くて、例年よりは楽しめる時間が長かったのではないでしょうか?

今年も桜の時期は終わりになりますが、最後にぜひ行って欲しいのが見沼通船堀での桜観賞。

見沼通船堀は、パナマ運河より180余年も前の享保16年(1731年)に開通した歴史のある閘門式運河(本流と用水の水位差がある場合に閘門を使って水位を調整しながら通船させるもの)で、この開通によって江戸との産業交流はおおいに発展しました。

見沼通船堀に咲いている桜は、里桜で、ウコン桜、普賢象桜など見ながら車も通らない遊歩道があるので、そこをゆったり散策して桜鑑賞を楽しめる優雅な時間を満喫できます。

ソメイヨシノも良いですが、里桜も風情があって素敵ですよ☆

 

桜

 

さいたま市 緑区大字東内野  最寄駅:JR東浦和駅から徒歩20分

岩槻城址

知る人ぞ知るさいたま市の桜スポット

今年も桜の季節は終わろうとしていますね。本当に短くて儚いです。

今年はお花見されましたか?まだギリギリ散り際の桜が見れるラストチャンスともいえますね。

さいたま市のお花見スポットといえば、大宮区の大宮公園が有名ですが、JRが走っていないため、知る人ぞ知る存在になっているのが岩槻区の岩槻城址公園です。

岩槻を代表する桜スポットである岩槻城址公園ですが、まるで絵葉書にあるような幻想的すぎる桜風景に誰もがうっとりしてしまうほどの美しさです。

こんな感じの桜だったら宴会というよりは、ゆったり桜を眺めながら鑑賞する大人の時間を楽しみたいものです。

浦和からはJRで直接行けないため、遠く感じますが自転車だったら30分程度で行ける距離です。バスも浦和美園駅から走っているので案外行きやすいですよ。

 

岩槻城址

 

さいたま市岩槻区太田   最寄駅(浦和方面から);SR浦和美園駅からバスで15分

夜桜と赤のライトアップ

1年で最も日本が美しくなる季節が到来しました。

桜の見ごろは長くても2週間ほどでしょうか、あっという間に過ぎますよね。

そんな儚いところもより桜に魅了されるところかもしれません。

なかなかこれだけ短い期間しかないと、桜鑑賞をしようと思っているうちに散ってしまうもの。

そこで、地元の夜桜でゆったり桜を鑑賞しませんか?

さいたま市緑区にある「埼玉スタジアム」もただいま桜が満開です。

しかも、日ごろ、埼スタは浦和レッズのチームカラーである赤にライトアップされているので、夜桜のピンクと赤いライトアップでここでしか味わえない幻想的なムードに溢れています。

季節的にも散歩日和で、埼スタ周辺はランニングコースになっているので、夜桜を見ながらウォーキング、ランニングを楽しみましょう。

 

6d946e88a0ce49683fe3932ce9900cad.dat

さいたま市緑区中野田   最寄駅:SR浦和美園駅から徒歩15分n

井沼方公園

幸せな空気が流れている桜が満開!

JR東浦和駅から歩いて5分ほどで、線路が横にあるほどの駅前にある公園が「井沼方公園」です。

駅前という好立地とは思えない程、井沼方公園には小川が流れ、まさしく幸せな空気が流れているような公演です。

しかも、この時期、井沼方公園には桜が満開を迎えていて、幸せ空気が増しています。

ソメイヨシノの満開にはもうちょっとという感じでカウントダウンですが、井沼方公園の桜は早咲きの河津桜なのですでに満開!

公園中にピンクの花が待っており、幻想的なムードを作り上げてくれています。

おすすめは、すぐ横にあるセブンイレブンでコーヒーなど好きな飲み物をかって、公園のベンチでホッと一息。

何か嫌なことがあったときでも、そんなことは忘れさせてくれる幸せのオーラに包まれましょう。

井沼方公園

 

さいたま市緑区東浦和   最寄駅:JR東浦和駅から徒歩5分

 

密蔵院

一足早い桜の開花

日本が1年で最も美しい季節、桜の季節がもう間もなくとなりました。

桜といえば、ソメイヨシノで、ニュースなどでの開花予想もソメイヨシノの開花日を予想していますが、ソメイヨシノ以外にも桜の種類は色々あります。

なかには、地元埼玉生まれの桜もあることをご存知ですか?

浦和のお隣の街、川口で生まれた安行桜です。

安行桜は、昭和20年代初めに沖田雄司さんという方が、安行慈林にあった田中一郎宅の裏にあった早咲きの桜を元に穂木や接ぎ木をして増やしていったものです。

その特徴は、ピンクの色彩がやや濃く、花が少し小ぶりで可愛らしいイメージで、そしてソメイヨシノより早咲きなので、埼玉でももう今頃が毎回を迎え始めています。

その安行桜発祥の地、川口市安行にある安行桜の名所が「密蔵院」です。

密蔵院は川口の東側にあり、JR東浦和駅からも歩いて30分ほど、浦和からなら自転車でちょうど気持ち良い距離ですよ。

 

密蔵院

 

川口市安行   最寄駅:JR東浦和駅から徒歩30分