武藤

浦和の街から寿司がなくなる日

浦和の街から寿司が消える日があるのです。

まさにミステリー!?ではなく、消えるほど寿司が売れまくる日があるのです。

それは浦和レッズに所属する武藤雄樹選手が試合でゴールを決めた日なのです。

何故、武藤選手=寿司になったからは、彼がまだベガルタ仙台時代まで遡るので、今回は割愛しますが、いつの間にか武藤がゴールを決めると「寿司をもたらす=寿司を食べる」というのがレッズサポーターの中で定着し、浦和じゅうの寿司が消えるのです。

この流れにのって、がってん寿司が武藤選手とスポンサー契約。なんと武藤選手がゴールを決めた日は、浦和市内のがってん寿司では、レッズのマフラーなどレッズグッズ持参で、マグロ2貫が無料サービスされます。

武藤選手を応援して寿司をもたらせてもらいましょう!!

 

武藤

 

出典:https://uragi.com/news/uragi0004501.php

さいたま市南区太田窪   最寄駅:JR南浦和駅から徒歩15分

※がってん寿司南浦和店

むさし乃

世界!ニッポン行きたい人応援団で登場

テレビ東京系「世界!ニッポン行きたい人応援団」に、うなぎをこよなく愛しているポーランド人の方が、初めて日本に来日されていたのですが、ずっとYouTubeでうなぎについて研究されていて、日本に行ったら一度は行きたい場所が「浦和」だったのです。

ポーランドという日本から遠く離れた北欧の国にまで、うなぎの街浦和というのが知れ渡っているのかと思うと、なんだか嬉しくなってしまいますよね。

この「世界!ニッポン行きたい人応援団」で行った浦和の老舗うなぎ店が「むさし乃」。

浦和駅東口のParcoの隣路地にある超人気うなぎ店です。

テレビでもこだわりの製法を取り上げていましたが、高温の炭火で焼いたのち蒸し、そして再度二度焼する製法は、まさにプロの技。

今はテレビに取り上げられたこともあり、平日でも行列ができているようですが、落ち着いたらこの至極の味を堪能してみて下さい。

 

むさし乃

出典:http://unagimusashino.com

さいたま市浦和区東高砂町   最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩3分

熟成埼玉味噌らーめん たけてる

地産地消の味噌ラーメン

どっぷり寒くなってきましたね。本格的な冬の到来といえば、やはり味噌ラーメンが食べたくなる季節ではないでしょうか?

冬は味噌ラーメンという人って多いですよね。

今年オープンしたばかりの味噌ラーメン専門店「熟成埼玉味噌らーめん たけてる」は、埼玉醸造の味噌を厳選したブレンド味噌を配合させた自慢のスープが美味なラーメン店です。

意外と知られていませんが、埼玉は味噌の産地で様々な醸造味噌が楽しめる味噌のメッカ。

まさに地産地消の味噌ラーメンが堪能できます。

平日&土曜は、昼11:00~夜中1:30まで営業しているので、忘年会帰りに〆ラーメンにも最適ではないでしょうか?

ちなみに味噌ラーメンが看板メニューですが、とんこつもなかなかですよ。

 

熟成埼玉味噌らーめん たけてる

 

さいたま市浦和区仲町   最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩5分

二木

味覚も秋を口でも目でも楽しむ

「味覚の秋」なんて言葉もあるとおり、秋は食欲が増して仕方ないなんて人も多いほど、旬の食材が多く、美味しいものが揃う季節ですよね。

秋の味覚の代表格といえば、松茸ですが、他にも栗、さんま、梨など思い浮かべたらきりがないほどではないでしょうか?

せっかくの味覚の秋、たまには贅沢に料亭で秋を満喫しませんか?

北浦和にある二木屋は、日本国登録有形文化財にも指定されている建物が趣抜群で、雰囲気だけでも酔いしれてしまう日本料理店です。

季節ごとの旬の食材を活かした日本料理らしい料理が自慢で、口だけでなく目でも味覚の秋を楽しめます。

ランチだったら2,000円台からコース料理が楽しめ、セレブリティな気分で秋を満喫しましょう。

 

二木

 

さいたま市中央区大戸   最寄駅:JR北浦和駅西口から徒歩8分

カレー3

カレーと言えば、蕎麦屋のカレー派の人へ

日本くらい多国籍のグルメを気軽に味わえる国もなかなかありませんが、カレーと一言で言っても、インドやパキスタン風の本格的インドカリーから、いわゆる欧風カレーと言われるようなマイルドなカレーまで様々なものが楽しめますよね。

そのなかでも、このカレーは、和食と言っても良いと思うカレーが「蕎麦屋のカレー」です。

蕎麦屋らしくそばつゆの出汁をふんだんに使った和風のカレーは、日本人だったらカレーは蕎麦屋のカレーなんて人も多いはず。

浦和区にある「寺田屋」は、典型的なお蕎麦屋さんなのですが、蕎麦屋のカレーが美味いのです。

まさに思い描いていたような和カレーで、辛すぎずそれでいて辛みはしっかりあってクセになります。

蕎麦ものどごし豊かな蕎麦の風味を味わえるホンモノの味。ランチでもディナーでも気軽に利用できます。

 

カレー3

 

さいたま市浦和区上木崎   最寄駅:JR与野駅から徒歩10分

篝

そろそろラーメンの季節ですね…

9月の後半になってきて、本格的な秋の到来。なんでもコンビニおでんや中華まんも真冬の時期よりも、今くらいの少しずつ肌寒くなってきた季節のほうが売れ行きがよいなんて言われていますが、体が寒く感じ始めて、本能的に温かいものが食べたくなってくるのでしょうか?

そうなると、やはりそろそろラーメンの季節ですよね。

今回紹介するのは、東京・銀座で今も行列が絶えない人気店の系列店「銀座 篝 浦和アトレ店」です。

「篝」の看板メニューは、「鶏白湯SOBA」。

クリーミーなスープはまさに唯一無二で、体を温めたい時には最高ですよ!ついついスープまで飲み干してしまうお客さんが続出中とか。

浦和駅から1分ほどで、23時まで営業しているので、仕事帰りでもちょっと肌寒く感じたら絶品ラーメンでしょ。

 

篝

 

さいたま市浦和区高砂   最寄駅:JR浦和駅から徒歩1分

からあげ

鶏笑浦和本店が移転リニューアル

夕食のおかずでも、お酒のおつまみでも、おやつでも、お弁当の具材でもぴったりなから揚げ。まさに日本の国民食と言ってよいでしょうね。

ただ、から揚げを始めとした揚げ物は、家で作ると油の処理も面倒臭いし、キッチンが汚れてしまうし面倒くさいなんて思っている人も多いのではないでしょうか?

最近はコンビニのレジ横にもから揚げはありますが、こだわり派は部位もしっかりこだわりたくないですか?

から揚げ専門店「鶏笑浦和本店」は、以前あった場所から移転して、駒場スタジアムの近くにリニューアルオープン。

から揚げの本場である大分・中津の味の鶏笑は、ムネ、モモ、手羽先、チキン南蛮など多種多彩。

ヘルシー派にはムネ?お子さんのおやつにはモモ?ビールにはやっぱり手羽先?夕食のおかずにはチキン南蛮?考えるだけでもお腹がすいてきます。

 

からあげ

 

さいたま市緑区原山   最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩15分

満寿家

夏バテグルメをご紹介➁

前回、夏バテグルメとして焼きとんの名店を紹介しましたが、今回も浦和を代表する特選グルメです。

浦和を代表するグルメと言えば、やはりうなぎですよね!

中山道の宿場町だったころから、浦和宿はうなぎの蒲焼が有名で、まだまだ江戸を出発して間もなかったので、今後長い道のりを歩いていかねばならず、ここで鰻を食べてパワーを付けて旅に気合を入れたのでしょう。江戸の心意気がよく感じられますよね。

浦和の駅前にも老舗と言われるうなぎの名店が数多いですが、なかでも知名度No,1だと思うのは「満寿家」でしょう。

かつてはドラマのロケにも使われたほど、和の佇まいがまさにと言った感じで食欲をそそられます。

うなぎは言うまでもなく、夏バテグルメの代表格で、ビタミンA、B1、B2、D、EやDHA、EPA、ミネラル(鉄、亜鉛、カルシウム)など、身体に必要な栄養素が大変豊富な栄養グルメです。

うなぎを食べてさっさと夏バテなんて忘れてしまいましょう。

満寿家

 

さいたま市浦和区岸町   最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩10分

弁慶

夏バテグルメをご紹介①

9月もそろそろ中旬になってきましたが、一時期のヤバい暑さはないものの、まだまだ暑い日は続きますね。

しかも、酷暑の時の溜まっていた疲れも出てきて、食欲もなかなか湧かない夏バテ気味な人も多いと思います。

そこで、ここでは浦和の夏バテグルメをご紹介!

今回は埼玉が誇るソウルフード「焼きとん」です。

焼き鳥といえば、その名の通り鶏肉の串料理ですが、埼玉では焼き鳥は豚と言う人も多いくらい焼きとんはポピュラーなのです。

浦和にお店を構える焼きとんの名店である「弁慶」。

浦和市民に愛されている居酒屋で、見た目は海外のオシャレなバーのような佇まいも人気!焼きとんの他、どこかホッとするメニューが並びます。

なんでも豚肉は、ビタミンB1が豊富で疲労回復効果も高いとか!焼きとんと好きなお酒で夏バテを吹き飛ばしましょう。

 

弁慶

 

さいたま市浦和区仲町   最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩8分

パッタイ(タイの焼きそば)

西川選手もハマった多国籍料理

先月まで熱戦が繰り広げられていたワールドカップ。このロシア大会には選出されなかったものの、現在絶好調で、GKという寿命の長いポジションということもあり、次大会2022カタールワールドカップへの出場も期待される我が浦和レッズのGK、西川周作選手。

西川選手はどんな時でも常に笑顔!子供がマネするのは最高のジェントルマンです。

そんな西川選手がプライベートでもよく通っていると噂の多国籍料理店が東浦和にあります。

その多国籍料理店は「FANTASISTA13」。

タイ料理を中心としたアジアンフードが中心で、異国情緒溢れる開放的な空間でダーツなどもあるから時間を忘れて楽しめるスポットです。さすが西川選手!お目が高い!

そんな「FANTASISTA13」の看板メニューがタピオカが配合されたビーフンがクセになると評判のパッタイ(タイの焼きそば)。タピオカが入っている分、若干甘くモチモチとした食感がたまらない一品です。

 

パッタイ(タイの焼きそば)

 

さいたま市緑区東浦和   最寄駅:JR東浦和駅から徒歩8分