タロー屋

まさに知る人ぞ知るパン屋さん

よく「知る人ぞ知る~~」「とっておきの~~」「知っている人だけが得をする」なんて表現がありますが、まさにその表現が正しいと思えるパン屋さんが「畑のコウボパン タロー屋」。

その名の通り、こだわりの酵母を使った手作りパンが大好評です。

実はこちらの「タロー屋」、地元の人でも行き方を説明しづらいほど、超が付く住宅街のなかにあるお店なのです。

そのため、知る人ぞ知る存在なのですが、通販でもパン販売を行っていていつも品切れになるほど大人気なのですが、やはりせっかくの地元ですから、できたて焼きたての酵母パンが頂きたいですよね。

おすすめは、プルーン酵母とカボチャ、ドライフルーツのカンパーニュ。

野菜嫌いの人でも食べやすいですし、見るからに体に良いヘルシーパンです。

 

タロー屋

 

さいたま市緑区大東  最寄駅:JR北浦和駅からバスで10分

Exif_JPEG_PICTURE

最強のB級グルメ「スタカレー」

先日、バラエティ番組「しゃべくり007」でサンドウィッチマンさんが紹介していたのですが、埼玉が誇るB級グルメ「スタカレー」をご存知ですか?

カレー?と思うでしょうが、カレーではありません。とろみかかったひき肉をカレーのルーにようにかけて食べるB級グルメで、サンドウィッチマンさんの言葉を借りるのなら「美味すぎてカロリーが飛んじゃうのでカロリーゼロ」(諸説あり)といったところでしょうか。

とにかく一度食べるとクセになる味で病みつきになるのですが、美味さ以外に安さも大きな魅力。

ボリューム満点で450円!値段的にもボリューム的にも学生が虜になる一品なのです。

このスタカレーを提供しているのが娘娘(にゃんにゃん)なのですが、今では埼玉県下各地にありますが、元祖なのが北浦和店。

元祖娘娘で最強のB級グルメ「娘娘」を堪能しましょう。

 

 

さいたま市浦和区北浦和   最寄駅:JR北浦和駅東口から徒歩3分

くるまや

くるまやラーメンといえば、やはり味噌でしょ

浦和や大宮などのさいたま市は、北浦和や東大宮などラーメン激戦区とされているエリアも多く、ラーメン好きなら毎日食べ比べできるほど多くのお店が存在していますが、もちろんここでしか食べられない唯一無二のお店もよいですし、東京などで行列ができている人気店で食べるのもよいですが、たまにはチェーン店のいつも変わらない味を口が欲しているときってありますよね。

ラーメンチェーン店といえば、日高屋や幸楽苑など浦和でもよく目にするお店がありますが、関東を中心にお馴染みの「くるまやらーめん」もそのひとつ。

ちなみに浦和内には、浦和田島店、浦和中島店、浦和東大門店の3店舗あります。

くるまやらーめんといえば、味噌ラーメン!

チャーシューやコーン、バター、たまごなどお気に入りのトッピングを入れて、自分流のオリジナル味噌を作りましょう。

また、深夜営業をしているので。仕事が遅くなった時におなか一杯ラーメン食べたいときにもおすすめです。

 

くるまや

 

さいたま市桜区田島  最寄駅:JR西浦和駅から徒歩10分

※くるまやらーめん 浦和田島店

タニタ

あのタニタ食堂がさいたまにもできた!!

頭では健康のために野菜多めの生活にしないとと分かってはいるものの、特に一人暮らしの経験がある人だとわかると思いますが、なかなか野菜を摂取するのは、気軽に食べられるお肉などと比べスト至難の業なのですよね。

特に「健康に良い」だけでなく、「美味しい」という要素も加えるとなると、よほどの料理上手でないと毎日美味しく野菜を食べ続けるのは無理ともいえます。

そこで便利なのが、あのタニタ食堂。

丸の内にできたときは、連日行列が絶えなく話題になりましたが、とうとう旧日赤病院跡にできた「島忠ホームズ さいたま中央店」内にオープンしました。

タニタ食堂では、野菜たっぷりの日替わり定食のほか、ハンバーグなどの洋食メニューもそろっているみたい。

また、この店限定のカレーうどんもあるみたいで、今度行ったときに食べるものが決まりました!

毎日行っても違うヘルシー定食が味わえるタニタ食堂。地元にできて最も嬉しいお店かも!?

 

 

タニタ

さいたま市中央区上落合  最寄駅:JRさいたま新都心駅から徒歩7分

 

Screenshot_1

ホーマックの絶品ソフトクリーム

5月の中盤になってきており、もう夏?と思えるような真夏日も増えてきています。

また間もなく梅雨入り、梅雨に入れば気温こそそこまで暑くはならなくても湿度の高い蒸し暑い季節の到来です。

こんな季節はソフトクリームを食べたくなりませんか?

今回、紹介するのはホームセンター「ホーマック」で発売されている100円ソフトクリームです。

ホーマックは北海道発のホームセンターだけあって、素材にこだわっているのが100円なのにソフトクリームが絶品すぎるのです。

もうソフトクリーム目当てでホーマックまで訪れても損はないレベルです。

ソフトクリームをはじめ。マフィンやたこ焼きなどリーズナブルな軽食が揃っているカフェ『ベンベンカフェ』を併設しているホーマックは全国で札幌市豊平区の西岡店、東京都八王子市の八王子みなみ野店、埼玉県さいたま市の見沼店の3店舗(現状)のみ。

次の休みはホームセンター自体も楽しいホーマックでソフトクリームを味わいましょう!何個も食べられるレベルですよ!

 

Screenshot_1

 

さいたま市見沼区蓮沼   最寄駅:JR北浦和駅からバス20分(浦和方面から)

むくむく

今年オープンしたどこか昭和の香りを感じるレトロ食堂

南浦和にできた「むくむく食堂」は、2019年にオープンしたばかりにできたてほやほやの新しいお店なのですが、外観からメニューまですべてがどこか昭和の香りを感じるレトロ食堂なのです。

メニューの数々は、「豆腐ハンバーグ」や油淋鶏ならぬ「油淋豚」などひと手間もふた手間もかけたどこかホッとするような味ばかり。

定番の生姜焼き定食でもタイ風にアレンジしてあって、まさにここでしか味わえないオンリーワンの味に仕上がっているものも多いです。

また、メニューだけでなく内装もウッド調の落ち着いた作りで、できることなら毎日常連さんとして行きたいくらいな気持ちになってしまうほどです。

気持ちの良い空間なので、ランチなどの食事以外にカフェとしてドリンクやスイーツだけを楽しむのも良いですね!

むくむく

 

 

さいたま市南区文蔵  最寄駅:JR南浦和駅から徒歩8分

親子丼

親子丼の名店の蕎麦屋さん

JR東浦和駅から歩いて10分程と完全な住宅街の中にある蕎麦屋さんが「丸花」です。

よくある地元で愛されている蕎麦屋さんなのですが、蕎麦ももちろんハイクオリティで美味しいのですが、名物は親子丼。

蕎麦屋のカレーは和風のダシで美味しいと定番になっている場合が多いのですが、丸花は和風のダシがしっかり効いた卵プルプルの親子丼なのです。

食べログでもそんな街の蕎麦屋さんなのに3.49とハイスコア!

コメント(レビュー)にも親子丼が軒並み絶賛されているほどです。

蕎麦とのセットメニューもあり、がっつり食べたいときにもおすすめのお店です。

卵プルプルで鶏肉の弾力も抜群、三つ葉のアクセントがたまらない名店の味というべき親子丼。

まさに遠方からでもわざわざ親子丼を食べにくる価値があるほどです。

 

親子丼

 

さいたま市緑区東浦和   最寄駅:JR東浦和駅から徒歩10分

丸和

うなぎの名所でアナゴを食す

「翔んで埼玉」の大ヒットもあり、埼玉の話題が多くテレビなどでも流れていますが、それで改めて浦和が鰻のかば焼き発祥の地ということで取り上げれれていて、浦和=鰻と結びついていなかった人も多くて驚きを与えています。

やはりテレビなどの情報の力は凄く、浦和には鰻の名店が数多くありますが、どこも大混雑しているみたいです。

今回は、数ある鰻の名店ではなく、あえてアナゴの名店を紹介します。

浦和駅の東口のPARCOの裏手にお店を構えている魚介割烹「丸和」です。

「丸和」の看板メニューはアナゴ料理の数々。アナゴの造りからはじまり、かば焼き、白焼き、ひつまぶしまでアナゴのフルコースが楽しめます。

うなぎの名店でうなぎを食したあとに、2軒目でアナゴを肴に一杯なんて言う至極のコースの良さげですよ。

 

丸和

 

さいたま市浦和区東仲町  最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩4分

パン

焼きたてのパンの香りは最強

旧中山道沿いの浦和と北浦和のちょうど間位を歩いていると、なんとも香ばしいパンを香りが漂ってきます。

大きな食パンとメロンパンの絵も目を惹く、その名も「PANYA-SAN」です。

どうやら最近できたパン屋さんということですが、早くもリピーターと思われるお客さんが多く来店していました。

おすすめは、店頭の絵にもなっている「メロンパン」。まさに外はカリカリ、中はふわふわの最強ともいえる食感で、食べた瞬間に幸せの気分にさせてくれます。

また、時間が選べる人だったら、11:30、14:00、16:00に食パンが焼きあがる目安時間なので、その時間を狙っていくのがベター。

お店に入る前から、パンの香ばしい香りが漂っていて、多く買いすぎ注意!ですよ。

 

パン

 

さいたま市浦和区常盤  最寄駅:JR北浦和駅、浦和駅から徒歩10分

Screenshot_1

お店に一歩入るとそこには・・・

JR北浦和駅西口の駅前にある「URAWA PUBLIC HOUSE beber」は、お店に一歩入ると、そこは80年代のイギリスにタイムスリップしたようなアイリッシュパブ。雰囲気だけでも酔いしれてしまいそうです。

名物は、氷なしの「ハイボール」。極上はウイスキーを使用しているので、のど越しがよく、気づくと何杯でも飲んでしまえそうです。

他にも、樽生ギネスやキルケニー、カールスバーグなどイギリス気分を味わえるお酒がいっぱい。まさに大人の社交場です。

そして、お酒のおつまみには、定番の「フィッシュアンドチップス」で決まりでしょう。

平日・土曜日は深夜2時まで(日祝は24時まで)やっているので、終電過ぎまでとことんお酒と向き合えますね。

 

Screenshot_1

 

さいたま市浦和区常盤   最寄駅:JR北浦和駅西口から徒歩3分