タピオカ

今、大ブームのタピオカミルクティー

ここ数年、ふわふわのマンゴーかき氷など台湾スイーツが人気ですが、今はやはりなんといってもタピオカミルクティーではないでしょうか。

原宿や表参道では、瞬きのたびに新しいタピオカミルクティー専門店ができているようなイメージですが、我らが浦和にも美味しいタピオカミルクティー屋さんが存在します。

それは浦和駅の東口駅前にある「松茶楼 浦和店」。

タピオカミルクティーも美味しいのですが、個人的におすすめなのは、ライチティーやパッションフルーツティーなどフルーツとのフレーバータピオカティー。

カロリーがちょっと高いのが玉に瑕なのですが、お休みの日にでもブランチ代わりにタピオカティーなんてのはいかがでしょうか。

甘いもの好きな人にはチョコレートミルクティーはどうでしょう。

 

タピオカ

 

さいたま市浦和区東高砂町   最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩1分

Screenshot_1

浦和レッズ企画シートでワンランク上の観戦を

浦和レッズといえば、自他ともに認めるJリーグ屈指のビッククラブですが、10年ほど前では、約6万人収容の埼玉スタジアムが満員になるのも当たり前でしたが、最近は4万人ほど。

それでも他チームに比べると多いのは事実ですが、やはり満員の埼スタで盛り上がりたいもの。

クラブも一考しているようで、今シーズンから始まったのが「企画シート」。

ホーム試合の毎試合変わりますが、例えば武蔵浦和にあるお店でマツコの知らない世界でも取り上げられていたスイーツ店「アプラノス」のスイーツ付きセット、KIRINの一番搾り付きセット、老舗川魚問屋「かのうや」のうなぎ弁当付きセットなどプラスアルファのお楽しみがあるシートなのです。

しかも、この企画シート、テーブル付きシートなので、いつも以上のワンランク上のサッカー観戦を楽しめますよ。

 

Screenshot_1

 

さいたま市緑区中野田   最寄駅:SR浦和美園駅から徒歩15分

Screenshot_1

ホーマックの絶品ソフトクリーム

5月の中盤になってきており、もう夏?と思えるような真夏日も増えてきています。

また間もなく梅雨入り、梅雨に入れば気温こそそこまで暑くはならなくても湿度の高い蒸し暑い季節の到来です。

こんな季節はソフトクリームを食べたくなりませんか?

今回、紹介するのはホームセンター「ホーマック」で発売されている100円ソフトクリームです。

ホーマックは北海道発のホームセンターだけあって、素材にこだわっているのが100円なのにソフトクリームが絶品すぎるのです。

もうソフトクリーム目当てでホーマックまで訪れても損はないレベルです。

ソフトクリームをはじめ。マフィンやたこ焼きなどリーズナブルな軽食が揃っているカフェ『ベンベンカフェ』を併設しているホーマックは全国で札幌市豊平区の西岡店、東京都八王子市の八王子みなみ野店、埼玉県さいたま市の見沼店の3店舗(現状)のみ。

次の休みはホームセンター自体も楽しいホーマックでソフトクリームを味わいましょう!何個も食べられるレベルですよ!

 

Screenshot_1

 

さいたま市見沼区蓮沼   最寄駅:JR北浦和駅からバス20分(浦和方面から)

十万石

浦和の新しいお土産候補!

日本初の10連休も今日で終わろうとしています。

あっという間の連休だった人、ようやく連休が終わるとホッとしている人など人それぞれだとは思います。

多くの人が家でのんびりしたり、実家に帰省する程度でゆったりした人が多いようですが、帰省をするさいにちょっとした手土産何にするか迷いどころではないでしょうか?

これまでの浦和のお土産大定番は「彩果の宝石」ですが、新たに浦和土産になりそうなのは「十万石まんじゅう」。

いやいや十万石まんじゅうは埼玉銘菓「うまい!うますぎる」で有名!今更感があるかもしれませんが、なんと「浦和」「レッズ」「令和」という焼き印が入った十万石まんじゅうが埼玉スタジアム(浦和レッズ戦)やレッドボルテージで発売されるのです。

味のクオリティはうまい!うますぎるですからお墨付き!新しい浦和土産に次の帰省の際にいかが。

 

十万石

 

さいたま市浦和区高砂   最寄駅:JR浦和駅から徒歩1分

※レッドボルテージ(浦和アトレ内)

ときわだんご

甘いもので新天皇即位を祝う

新天皇の即位に伴い、10連休がスタートしました。

祝日がありがたいという公務員のような働き方の人もいますが、なかには病院や保育園などが長期休業となりむしろ困るなんて声もあり、やはり祝日ではなく誰もが好きに有給休暇を取得でき自由に休めるような社会がやはり理想ですよね。

どうしても10連休のような連休はどこにいっても混雑しているので、こんなときは地元で甘い逸品でも食べて心も満たしましょう。

浦和で昔から地元に愛されている名物となっているのが浦和銘菓「ときわだんこ」です。

ときわだんこは、浦和コルソ1階にある甘味のお店で、創業は明治8年と、コルソができる全然前にある浦和の町の発展とともに歩んできたお店です。

ときわだんこの名物は、やはり「おだんご」。お餅ももちもち感がなんだかホッとする味で癖になります。

 

ときわだんご

 

さいたま市浦和区高砂   最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩3分

kikusuidou

埼玉発のポテトチップス

「翔んで埼玉」の思いがけない?大ヒットで、テレビやネットなどメディアで「埼玉」がちょっとしたブームになっています。

今はお笑いのネタとしたブームですが、ブームが終息する頃、安定した人気となり、人気の街になっていくでしょうか?たのしみです。

そんな話題?となっている埼玉ですが、埼玉発のポテトチップスが人気で品薄になるほどになっています。

それは菊水堂のポテトチップス。

一般的なポテトチップスと何が違いかというと、ジャガイモ本来の味を感じることができる優しい味なのです。

菊水堂では季節に応じて九州から関東、そして北海道まで、その時期に最もおいしいポテトチップになってくれるじゃがいもを厳選して使用しており、できたてを密閉してすぐに出荷しているので美味しさが違うのです。

ホームページからでも購入できますが、浦和ではナチュラルローソン浦和高砂一丁目店で購入可能ですよ。

 

kikusuidou

さいたま市浦和区高砂  最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩3分

oknazu

ハワイアンテイスト溢れるカフェ~コナズコーヒー東浦和店オープン

JR東浦和駅から歩くと20分近くかかる、お世辞にも駅前の好立地とは言えないのですが、ロードサイドでもオープンして毎日満席が続いているほど大盛況となっているのが「コナズコーヒー東浦和店」です。

コナズコーヒーはハワイアンテイストのカフェで、もう外観からハワイそのもの。ハワイの爽やかな風が吹いているようです。

コナズコーヒーは丸亀製麺の株式会社トリドールホールディングスが運営しており、これまで北関東や埼玉でも地方部に出店していたのですが、待望のさいたま市初出店です。

ハワイアンテイストはもちろんフードメニューでもそうで、自慢のパンケーキやロコモコなどテンション上がること間違いなしのメニュー勢ぞろいです。

なかでもパンケーキは、トッピングも豊富で自分のオリジナルパンケーキを作れますおすすめはフルーツをたっぷりのせたフルーツパンケーキ!

コーヒーもとことんこだわっており、ハワイの風を感じながらリフレッシュしましょう。

oknazu

さいたま市緑区大間木   最寄駅:JR東浦和駅から徒歩20分

 

ティラミス

大人のバレンタインに高級ティラミスはどうですか?

間も無く2月14日バレンタインデーですよね。一時期に比べると、あまり話題性も乏しくなっているバレンタインデーですが、特に日本人はイベントでもないとパートナーにプレゼントなどあげられないので、上手く利用してさりげなく日ごろの感謝を示したいもの。

バレンタインデーの大定番、チョコレートもよいですが、甘過ぎず高級感のあるスイーツでおすすめのが、北浦和にお店を構えるティラミス専門店「アークイラ」のティラミス。

「アークイラ」は上野の松坂屋などにも出店している高級ティラミス店。

見た目にも高級感があり、味のバリエーションも豊富なので、まさしくインスタ映えするスイーツです。

バレンタイン特別ティラミスも売っていますし、季節限定「黒ゴマチョコラ」をはじめ、抹茶、ストロベリーなど計6種類のラインナップ。

ちょっとセンスあるバレンタインの贈り物を探しているときには要チェックです。

 

ティラミス

 

さいたま市浦和区北浦和   最寄駅:JR北浦和駅西口から徒歩10分

むさしや

まだまだ寒い日が続きますが、温かい和スイーツをどうぞ

1月も後半になってきていますが、まだまだ寒い日が多く、凍える日々で早く春が来ないかなと思う毎日ですよね。

こんな寒いときには、身も心も温まる和スイーツでほっこりしませんか?

 

浦和駅西口の駅前にある「味のむさしや」は昔ながらの和スイーツ店。外観だけでもなんかちょこっとほっこりしませんか?

 

「味のむさしや」の名物メニューは、なんといっても「大判焼き」。

パカッと開けると、ホカホカのあんこがぎっちり!当然、スカスカな感じではなくぎっしり入っています。

 

個人的に好きなのは、あんこ以上に外の皮。甘過ぎずほんのり甘い皮は、皮だけでもちょっとした御馳走感!やっぱり美味しい!

大判焼き以外にもたい焼きもあり、その場で食べるも良し、お土産に持ちかえっても笑顔が溢れますよね。

 

むさしや

 

さいたま市浦和区仲町   最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩3分

メトロポリタン

たまには非日常を満喫♪

どうしても大人になって社会人をしていると、毎日が同じルーティンでなんとなく時が過ぎていってしまっているなんて人は多いのではないでしょうか。

理想的には休みを取って、どこか温泉宿や海外旅行などに行って羽を伸ばしたいところですが、現実は経済的にも日程的にもなかなか実現しないもの。

そこで、おすすめなのは、地元のホテルで1泊、チェックインからチェックアウトまでの半日間、非日常空間を味わう方法です。

 

今回、おすすめしたいのが、さいたま新都心駅の駅前、徒歩1分のところにある「ホテルメトロポリタンさいたま新都心」。

JR東日本が運営しているだけあって、部屋によっては電車が丸見えできるところもあり、電車好きのお子さんは大興奮!(もちろん大人も)。

 

このホテルメトロポリタンさいたま新都心で是非とも利用したいのがモーニングビュッフェ。

名物の地元埼玉県産の食材を使ったキッシュや田舎汁など和洋さまざまなメニューがフルラインナップ。個人的には、日ごろあまり食べないのでフルーツもりもりで、朝から元気もらえますよ。

 

メトロポリタン

 

さいたま市中央区新都心   最寄駅:JRさいたま新都心駅から徒歩1分