浦和高校

まさに文武両道の精神!浦高のラグビー

熱戦が続く、日本開催のラグビーワールドカップ。日本代表(ブレイブブロッサムズ)の躍進もあり、日本も開催前の予想に反して空前の盛り上がりを見せています。

埼玉県でラグビーといえば、やはり今大会でも会場地のひとつになっている熊谷ラグビー場のある熊谷市や、お隣のラグビーの強豪校で、日本代表の正智深谷高校のある深谷市など、埼玉県北部がメジャーな印象がありますよね。

ただ、浦和にある県立浦和高校もラグビーで有名なのですよ。知っていました?

今年は、43年ぶり埼玉県新人大会優勝したりなど、部活が盛んな高校のなかでもラグビーは強いのです。なんでも、ラグビー部だけでなく、通常のスポーツの授業でもラグビーがあるほどで、まさに男子校ならではではないでしょうか。

県立浦和高校といえば、全国でも屈指の東大合格率を誇る公立高校としても有名で、高校生クイズでも常連校で、「知」のイメージがありますが、まさに文武両道の精神がある学校なのです。

浦高では、武両道を意味する「尚文昌武(文を尚び武を昌にす)」が校訓で、勉強・部活・行事の3つに精を出す「三兎を追う」ことも掲げていることもあり、部活が終わってからも勉強をするのが学生たちの当たり前なのだとか。

 

浦和高校

 

さいたま市浦和区領家   最寄駅:JR北浦和駅から徒歩15分

闘莉王フットサル

あの闘莉王がサポート!武蔵浦和のフットサルがリニューアル

JR武蔵浦和駅の駅近くにあり、立地の良さでも好評のフットサル場「GRANDE FUTSAL PARK」。

そのGRANDE FUTSAL PARKが、10月から「闘莉王サポートフューチャーGRANDE FUTSAL PARK」としてリニューアルしました。

闘莉王といえば、サッカー元日本代表で、かつては浦和レッズにも在籍していた闘将。浦和レッズが2007年にACLを制した時の優勝メンバーのひとりですよね。

その闘莉王の名を冠しているだけに、気持ち的な部分では、アナタも闘将になった気分で、熱いプレイができるのではないでしょうか。

ちなみに、「闘莉王サポートフューチャーGRANDE FUTSAL PARK」があるのは、ここ(武蔵浦和)と名古屋と、かつて闘莉王が長い間在籍したJリーグチームがある街。こんなところからも、いまだに闘莉王が浦和を愛してくれていることが分かりますよね。

闘莉王サポートフューチャーGRANDE FUTSAL PARKでは、レンタルコートだけでなく、ジュニアレッスンなどのサッカー講習や、アパレルブランド「GRANDE」ショップを併設しており、フットサルを楽しめる環境が整っています。

もちろんシャワーなども完備していますので、気軽にフットサルを始めて楽しみましょう。

 

闘莉王フットサル

 

さいたま市南区白幡   最寄駅:JR武蔵浦和駅から徒歩5分

Screenshot_1

浦和にもラグビースクールはあった!

現在、空前のラグビーブーム。

自国開催で盛り上がっているラグビーワールドカップで日本代表が躍進しているのが大きいですが、ドラマ「ノーサイドゲーム」の影響も少なくないのではないでしょうか?

昔からラグビーは好きでよく観ていましたが、ここまで日本じゅうが狂喜乱舞する日が来るとは思ってもみませんでしたからね。

ただ、埼玉県はすみわけがしっかりされていて、浦和など南埼玉はサッカー、所沢などの西埼玉が野球、そしてラグビーは熊谷などの北埼玉が盛んで、高校ラグビーもやはり北埼玉にある高校が常連だったりします。

浦和は浦和レッズがあることもあり、子どもたちもサッカー少年、少女が多いのですが、ラグビースクールもあるのです。

それは「浦和ラグビースクール」。練習場所は、浦和レッズの練習場所のお隣にある「大原スポーツ広場」。

新都心までもすぐくらいの場所なのに、広大な土地で子供たちもおもいっきり走り回ることができます。

 

Screenshot_1

 

さいたま市浦和区大原   最寄駅:JR与野駅から徒歩15分

Screenshot_1

浦和の公演巡りでジョギング!

だいぶ朝や夕方以降は気温も落ち着いてきていて過ごしやすくなってきていますよね。

真夏は夜でも酷暑で熱中症のリスクが高かったのですが、そろそろジョギング日和ではないでしょうか。

比較的、浦和は全体的に道路が整備されており、大きな道路は歩道がしっかりあるので、どこでもジョギングがしやすい街です。

おすすめの浦和ジョギングスポットは、ずばり公演巡り。

まずは、北浦和駅西口の駅前にある音楽とアートの公園である「北浦和公園」からスタート。

そのまま、趣ある昔ながらの町並みも楽しめる旧中山道を走り、緑溢れる夏でもどこか涼しげな「常盤公園」へ。

そして、県庁前を通り過ぎ、公園の外周がライニングスポットとしても人気の「別所沼公園」へ。これだけの行程でも5KM以上あり、ジョギングするには最適です。

帰りはちょっと贅沢に浦和名物、鰻なんていうのも最高ですね。

 

Screenshot_1

 

さいたま市南区別所   最寄駅:JR中浦和駅から徒歩3分

Screenshot_1

スポーツ好きには大型モニターで大迫力観戦

最近は、DAZNのようなスポーツ観戦アプリがあるため、日本にいながら世界中のスポーツをいつでもどこでも観戦できる良い時代になりました。

特にテニス界の錦織圭選手や大坂なおみ選手やバスケの八村塁選手、野球の大谷翔平選手など世界で活躍する日本人が各スポーツ界で輩出されているのは、スポーツ好きにとってたまらないですよね。

もちろんスマホの画面で観るのだけでも楽しいですが、たまには大迫力の大型モニターで仲間らとあれこれ言いながら観戦したいもの。

浦和駅からもほど近いTINA LOUNGEは150インチと120インチの大型モニターを設置しているスポーツバーです。150インチなんて家庭では体感できないですよね。

浦和レッズの試合を中心にいろんなスポーツ観戦ができるだけでなく、料理も本格的イタリアンを堪能でき、満足度が高いお店ですよ。

Screenshot_1Evernote Web

 

さいたま市浦和区高砂  最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩5分

 

section07_image1.png

アメリカ発!今話題のフィットネスジム浦和上陸

今秋にアメリカ発の新感覚フィットネスジム「オレンジセオリーフィットネス」が浦和にオープンします。

アメリカでは、約500店舗展開しているオレンジセオリーフィットネスですが、日本では2016年に青葉台店がオープンして以来、麻布十番、静岡など徐々に勢力を拡大していきましたが、とうとう埼玉初の店舗となる浦和店が今秋にオープンするわけです。

オレンジセオリーフィットネスは、ハートレートセンサーで心拍数&消費カロリーを常に計測しながら、老若男女年齢、性別問わず最大24名のグループ皆で同じメニューを一斉に行うスタイル。だから楽しみながら脂肪燃焼などエクササイズができるというのです。

全米で話題となり、日本でも大きな話題になることは確実。今秋からスポーツ始めませんか?

 

section07_image1.png

さいたま市浦和区仲町  最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩3分

堀之内

塾長は元浦和レッズのレジェンド!浦和サッカー塾

2つ続けてのサッカーネタで恐縮ですが、やはり浦和といえばサッカーなのでご勘弁ください。

レアル・マドリードに移籍を果たした久保建英選手をはじめ、マーケットが世界レベルのサッカーだけに、わが子がもしプロサッカー選手になったらなんて夢を見ている親御さんも少なくないのではないでしょうか。

何度も言うようですが。浦和はサッカーの街なので、子どものころからサッカーに触れ合う環境が揃っています。

そのひとつが、この度第1期生の募集が始まった「浦和サッカー塾」。

浦和サッカー塾の塾生はあの元浦和レッズの名DFだった堀之内聖氏。

堀之内氏自身も浦和の現緑区にある三室小、三室中出身とちゃきちゃきの浦和人。

他にも三室中出身には現湘南ベルマーレの武富選手など多くのJリーガーを輩出しているのです。

やはり子供にとって置かれた環境は重要!浦和サッカー塾で性能を伸ばしてみませんか?

 

堀之内

 

さいたま市浦和区駒場など   最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩15分など

キャプテン翼 南浦和コート

南浦和駅からすぐ!好立地フットサルパークといえば?

浦和は自他ともに認めるサッカーの街。やはり浦和の象徴になっている浦和レッズが有名ですが、Jリーグができる前から、野球部よりサッカー部のほうが多かったほど、子どものころからサッカーに親しんでいる人が多いので、サッカー観戦だけでなく、気軽にサッカーを楽しめるフットサルを楽しんでいる人も浦和には多いのです。

京浜東北線と武蔵野線の乗り換え駅で。アクセスも良いJR南浦和駅。その南浦和駅から徒歩2分、南浦和のランドマークともいえる「丸広 南浦和店」の屋上にできたのが「キャプテン翼 南浦和コート」。

あの名作アニメ、キャプテン翼の名が付けられているだけでも、子どものころからアニメや漫画、ゲームなどでキャプつばに夢中になった人だとたまらないのではないでしょうか。

コートは2面あり、その名も「翼コート」と「岬コート」。駅近で駐車場も完備なので、利便性はかなり高いのではないでしょうか。

キャプテン翼 南浦和コート

 

さいたま市南区南浦和   最寄駅:JR南浦和駅から徒歩2分

Screenshot_1

浦和レッズ企画シートでワンランク上の観戦を

浦和レッズといえば、自他ともに認めるJリーグ屈指のビッククラブですが、10年ほど前では、約6万人収容の埼玉スタジアムが満員になるのも当たり前でしたが、最近は4万人ほど。

それでも他チームに比べると多いのは事実ですが、やはり満員の埼スタで盛り上がりたいもの。

クラブも一考しているようで、今シーズンから始まったのが「企画シート」。

ホーム試合の毎試合変わりますが、例えば武蔵浦和にあるお店でマツコの知らない世界でも取り上げられていたスイーツ店「アプラノス」のスイーツ付きセット、KIRINの一番搾り付きセット、老舗川魚問屋「かのうや」のうなぎ弁当付きセットなどプラスアルファのお楽しみがあるシートなのです。

しかも、この企画シート、テーブル付きシートなので、いつも以上のワンランク上のサッカー観戦を楽しめますよ。

 

Screenshot_1

 

さいたま市緑区中野田   最寄駅:SR浦和美園駅から徒歩15分

自転車

電動キックボードシェアサービスで見沼田んぼを疾走

最近はマンションごとにシェアカーサービスが流行っていたり、コンビニや駅前で乗り降り可能な自転車レンタルなどシェアサービスが多くなっていますが、この度、埼玉高速鉄道の浦和美園駅でスタートしたのが電動キックボードシェアサービス。

車のように免許が必要で、バイクのようにヘルメットの着用が義務付けされていますが、車やバイク以上に気軽に乗りこなせますから、やはり浦和美園駅に設置したのは、歩くと20分ほどかかる埼玉スタジアムまで疾走する利用法でしょうか。

もちろん試合日以外でもレンタルできますので、おすすめの利用法は天気の良い日に見沼田んぼような見渡す限り自然が広がっているところをキックボードで疾走すること。想像しただけでも気持ちよさそうです!

他にも岩槻のお寺巡りなども良いですよね。

気になる料金は、基本利用料金は、ロック解除で100円+1分毎に25円が加算される仕組みとなっています。

 

 

 

自転車

 

さいたま市緑区美園   最寄駅:SR浦和美園駅構内