枝垂桜

心を洗いに玉蔵院へ

JR浦和駅西口から徒歩7分ほど、浦和のシンボル的存在である浦和ロイヤルパインズホテルの裏手にある玉蔵院は、まさに浦和の中心地にあるにもかかわらず、院内に一歩入れば、静寂の雰囲気で、雑踏とは異質の空気が流れています。

まさに画に描いたような情緒的な光景は、浦和に住んでいたらいつか時間に余裕ができたら玉蔵院の画でも描きたいなんて思うほどの美観で、心が洗われます。

しかも、今の季節からは枝垂桜が咲き始めており、その情緒的な光景をより一層美しくしています。

今風にいえばインスタ映えする光景!時が止まったかのような玉蔵院の空気に触れて、心の汚れをしっかり洗い流しましょう。

桜というと、3月末~4月始めのソメイヨシノが有名ですが、枝垂桜も綺麗で良いですよね!

 

枝垂桜

 

さいたま市浦和区仲町   最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩7分

赤ちゃん4

おひるねアート撮影会

何かと比較されがちの「浦和」と「大宮」ですが、数値的なところなどは分かりませんが、一般的に浦和には家庭ができてから住んで、大宮には若いうちに住んでいるイメージがあります。

そのため、浦和は平日でもよくワンちゃんのお散歩をしている人を見かけますし、ファミリーで住むには心地よい場所です。

 

そんなこともあって、浦和パルコの9F、10Fにある浦和コミュニティセンターでは、赤ちゃん向けイベントもよく行われている子育てのしやすい街なのです。

まだ幼いお子さんがいると、おでかけするのも大変で、なかなか家にこもりっきりになりがちですが、PARCOだったら駅からもすぐですし、バス停も目の前、とても行きやすいのでおすすめです。

現在のところ、年2回のペースで行われているのが「おひるねアート撮影会」。

天使のような我が子の寝顔を記録に残して宝物を増やしましょう!

 

赤ちゃん4

さいたま市浦和区東高砂町   最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩3分

菜の花

一面黄色の花畑でお散歩といきましょう

まだまだ寒い日もありますが、確実に春の足音が聞こえ始めている今日この頃。日中はだいぶ過ごしやすい暖かい日も増えてきていますし、春を見つけにおでかけしませんか?

浦和からから産業道路(県道35号線)をまっすぐ大宮方面へ自転車でGO!!この季節の自転車走行は気持ち良いですからね。

緑区のお隣、見沼区に入ったところにある「大和田公園」。

隣には大宮の野球場もある大きな公園ですが、この季節には菜の花が咲き乱れており一面黄色の世界になっています。

大和田公園の川岸は、ぜひ自転車を降りて、引きながらお散歩といきましょう。

あと1か月ちょっとで桜も咲き始め、桜の名所でもありますから、また来ようと思うはずですよ。

 

たまには自然と戯れる時間も必要ですよね。

 

菜の花

 

さいたま市見沼区大和田   最寄駅:JR北浦和駅からバス15分

レディア

Jリーグマスコットイベント、我らのレディアは?

先週、2月16日(土)に、ゼロックススーパーカップが開催され、いよいよ今年もJリーグがスタートしました。

やはり、浦和レッズが街の象徴ですから、否応なしにも盛り上がってきます。

ゼロックススーパーカップでは、残念ながら川崎フロンターレに0-1で惜敗してしまいましたが、いよいよ来週からはJリーグ開幕!今年はリーグとACLの2冠を浦和レッズは狙っています。

 

このゼロックススーパーカップ内で毎年開催されているのが、各Jリーグのチームマスコットによる人気投票。(マスコット総選挙)

我らが浦和レッズにもレディアがいるのですが、日本一のサポーターを有している浦和ですから当然1位?と思いきや、レディアは53中45位!

サポーターのなかからは「いつもの定位置(笑)」という声が。熱いサポーターはあまりマスコットには興味ないようです。

 

あまり会えないで評判?のレディア。イベント等で見かけたら可愛がってあげてください。

 

レディア

 

さいたま市緑区中野田   最寄駅:SR浦和美園駅から徒歩15分

Screenshot_1

お店に一歩入るとそこには・・・

JR北浦和駅西口の駅前にある「URAWA PUBLIC HOUSE beber」は、お店に一歩入ると、そこは80年代のイギリスにタイムスリップしたようなアイリッシュパブ。雰囲気だけでも酔いしれてしまいそうです。

名物は、氷なしの「ハイボール」。極上はウイスキーを使用しているので、のど越しがよく、気づくと何杯でも飲んでしまえそうです。

他にも、樽生ギネスやキルケニー、カールスバーグなどイギリス気分を味わえるお酒がいっぱい。まさに大人の社交場です。

そして、お酒のおつまみには、定番の「フィッシュアンドチップス」で決まりでしょう。

平日・土曜日は深夜2時まで(日祝は24時まで)やっているので、終電過ぎまでとことんお酒と向き合えますね。

 

Screenshot_1

 

さいたま市浦和区常盤   最寄駅:JR北浦和駅西口から徒歩3分

Screenshot_1

鮮度抜群のお刺身とコスパ最強の日本酒の店

浦和駅の西口から北口にかけて浦和アトレができてからだと思いますが、急速に街が進化していっている気がします。

ちょっと前までは、浦和駅は伊勢丹のある西口とパルコのある東口の2つだったイメージなのですが、いつの間にか北口も定着してきました。

そんな北口と西口どちらからでも歩いて2分ほどの好立地にある居酒屋が「葵屋 浦和西口店」です。

 

「葵屋 浦和西口店」の売りは、なんと言っても鮮度抜群のお刺身。羽田市場から毎日直送されるので、全国津々浦々の鮮魚を堪能できるってわけ。

また、お刺身とグッドパートナーである日本酒も種類豊富で、なにより値段が安い高コスパなのです。もはや最強といってよいでしょう。

また個室も充実しており、いわゆるデザイナー個室である意味、自宅にいるよりくつろげるかも!?

 

Screenshot_1

 

さいたま市浦和区高砂   最寄駅:JR浦和駅から徒歩2分

梅

知る人ぞ知る梅の名所

そろそろ2月も中旬になってきますが、だいたい2月の終わりくらいから関東地方でも梅の見ごろになってきます。

やはり派手さがあるその1か月先に咲き誇る桜が有名ですが、じっくりと花の開花を楽しむのは、梅もなかなか粋なものですよね。

さいたま市内では、大宮の大宮公園が梅そして桜の名所として有名ですが、知る人ぞ知る梅の名所が浦和近郊にあるのです。

 

それは、ちょうど浦和と川口の市境近くにある「川口グリーンセンター」。

冬はアイススケート場、夏はプールもある、川口市営の大型公園ですが、無数の梅の木が植えられており、のんびりの散策を楽しめます。

最寄り駅が近くには無い場所のため、知る人ぞ知る存在になっていますが、それだからこそ地元民がゆっくり自然と触れられる名所となっています。

 

梅

 

川口市新井宿   最寄駅:JR東浦和駅から徒歩15分

サイデン化学アリーナ(さいたま市記念総合運動公園体育館)

冬のスポーツにバレーボール観戦もどうでしょう

冬のスポーツ、ウインタースポーツといえば、何を思い出されますか?

冬季オリンピックの影響もあり、さいたまスーパーアリーナでもたまに行われているフィギュアスケートやスキージャンプなどは知名度が高いですね。

また、サッカーや野球といった日本を代表するスポーツがオフシーズンの中、ラグビーや卓球、アイスホッケーのようなものも冬の時期がメインとなっています。

その中でバレーボールもありますよね。1963年の東京オリンピックでは東洋の魔女と言われて大人気だったバレーボール。今では野球、サッカーなどに押され気味ですが、とにかくルールが分かりやすいのでスポーツ観戦にはぴったりなスポーツといえます。

埼玉にもプロバレーボールチームがあり、上尾市をメインとしている女子バレーボールチーム「上尾メディックス」です。

上尾メディックスはカワイイ選手が多いと有名で、よくメディアなどでも取り上げられています。

年に数回程度、ホームの上尾市民体育館以外に、さいたま市桜区にあるサイデン化学アリーナ(さいたま市記念総合運動公園体育館)でも開催されますよ。

地元のチーム、上尾メディックスを応援しましょう。

 

サイデン化学アリーナ(さいたま市記念総合運動公園体育館)

 

さいたま市桜区道場   最寄駅:JR浦和駅西口からバスで30分

ティラミス

大人のバレンタインに高級ティラミスはどうですか?

間も無く2月14日バレンタインデーですよね。一時期に比べると、あまり話題性も乏しくなっているバレンタインデーですが、特に日本人はイベントでもないとパートナーにプレゼントなどあげられないので、上手く利用してさりげなく日ごろの感謝を示したいもの。

バレンタインデーの大定番、チョコレートもよいですが、甘過ぎず高級感のあるスイーツでおすすめのが、北浦和にお店を構えるティラミス専門店「アークイラ」のティラミス。

「アークイラ」は上野の松坂屋などにも出店している高級ティラミス店。

見た目にも高級感があり、味のバリエーションも豊富なので、まさしくインスタ映えするスイーツです。

バレンタイン特別ティラミスも売っていますし、季節限定「黒ゴマチョコラ」をはじめ、抹茶、ストロベリーなど計6種類のラインナップ。

ちょっとセンスあるバレンタインの贈り物を探しているときには要チェックです。

 

ティラミス

 

さいたま市浦和区北浦和   最寄駅:JR北浦和駅西口から徒歩10分

ザンギ

浦和で楽しめる北海道グルメ系和ファミレス

自分も食べ物の好き嫌いが多い方なので、よくわかるのですが、家族や友人など複数で食事に行くときって自分の食べられないものだと困ったななんてことになってしまいます。

自分の場合は、生ものが苦手なので、寿司など食べに行くとたまごくらいしか食べるものがありません。

そんなときは、やはりなんでも揃うファミレス系が便利だったりするのですが、洋食系のファミレスは多いものの、和食系のファミレスって意外と少ないもの。

埼玉県内を中心に北海道グルメが堪能できる和食ファミレスが「とんでん」。

北海道から直輸入されている食材が揃っており、お魚系からお肉系までメニューの豊富さが魅力です。

おすすめは、ランチタイムで提供されているザンギ丼。ザンギって北海道のから揚げのこと。

700円程で食べられリーズナブルですし、なによりボリューム満点で午後も頑張れます!

浦和内だけで「原山店」「白幡店」「浦和四谷店」の3店舗あります。

 

ザンギ

 

さいたま市緑区原山  最寄駅:JR浦和駅東口からバスで10分