ロジャース

激安スーパー「ロジャース」

最近、浦和や大宮が住みやすい街としてフューチャーされ、なにかと話題ですが、よく理由として取り上げっれているのが「交通の便の良さ」。

特に湘南新宿ラインが開通してからは、埼京線を含めて東京の主要駅に1本で行けるので確かに便利ですよね。

ただ、住んでいる自身からすると、交通の便の良さもありますが、意外かと思われる人もいるとは思いますが、激安スーパーも多いです。

浦和内にはあちこちにスーパーがあり、価格競争をしているため、新鮮でお安い食材が揃っているというわけです。

そのなかでも老舗で浦和でお馴染みの激安スーパーといえば「ロジャース」。

特に惣菜類やお弁当類は激安で、目玉商品の焼きそば98円は一人暮らしの強い味方としておなじみなのです。

若いころ、焼きそばにカット野菜と卵を落としただけでちょっとした贅沢な気分になったものです。

 

ロジャース

 

さいたま市桜区山久保   最寄駅:JR北浦和駅から徒歩10分、JR南与野駅から徒歩8分

くるまや

くるまやラーメンといえば、やはり味噌でしょ

浦和や大宮などのさいたま市は、北浦和や東大宮などラーメン激戦区とされているエリアも多く、ラーメン好きなら毎日食べ比べできるほど多くのお店が存在していますが、もちろんここでしか食べられない唯一無二のお店もよいですし、東京などで行列ができている人気店で食べるのもよいですが、たまにはチェーン店のいつも変わらない味を口が欲しているときってありますよね。

ラーメンチェーン店といえば、日高屋や幸楽苑など浦和でもよく目にするお店がありますが、関東を中心にお馴染みの「くるまやらーめん」もそのひとつ。

ちなみに浦和内には、浦和田島店、浦和中島店、浦和東大門店の3店舗あります。

くるまやらーめんといえば、味噌ラーメン!

チャーシューやコーン、バター、たまごなどお気に入りのトッピングを入れて、自分流のオリジナル味噌を作りましょう。

また、深夜営業をしているので。仕事が遅くなった時におなか一杯ラーメン食べたいときにもおすすめです。

 

くるまや

 

さいたま市桜区田島  最寄駅:JR西浦和駅から徒歩10分

※くるまやらーめん 浦和田島店

Screenshot_1

浦和レッズ企画シートでワンランク上の観戦を

浦和レッズといえば、自他ともに認めるJリーグ屈指のビッククラブですが、10年ほど前では、約6万人収容の埼玉スタジアムが満員になるのも当たり前でしたが、最近は4万人ほど。

それでも他チームに比べると多いのは事実ですが、やはり満員の埼スタで盛り上がりたいもの。

クラブも一考しているようで、今シーズンから始まったのが「企画シート」。

ホーム試合の毎試合変わりますが、例えば武蔵浦和にあるお店でマツコの知らない世界でも取り上げられていたスイーツ店「アプラノス」のスイーツ付きセット、KIRINの一番搾り付きセット、老舗川魚問屋「かのうや」のうなぎ弁当付きセットなどプラスアルファのお楽しみがあるシートなのです。

しかも、この企画シート、テーブル付きシートなので、いつも以上のワンランク上のサッカー観戦を楽しめますよ。

 

Screenshot_1

 

さいたま市緑区中野田   最寄駅:SR浦和美園駅から徒歩15分

タニタ

あのタニタ食堂がさいたまにもできた!!

頭では健康のために野菜多めの生活にしないとと分かってはいるものの、特に一人暮らしの経験がある人だとわかると思いますが、なかなか野菜を摂取するのは、気軽に食べられるお肉などと比べスト至難の業なのですよね。

特に「健康に良い」だけでなく、「美味しい」という要素も加えるとなると、よほどの料理上手でないと毎日美味しく野菜を食べ続けるのは無理ともいえます。

そこで便利なのが、あのタニタ食堂。

丸の内にできたときは、連日行列が絶えなく話題になりましたが、とうとう旧日赤病院跡にできた「島忠ホームズ さいたま中央店」内にオープンしました。

タニタ食堂では、野菜たっぷりの日替わり定食のほか、ハンバーグなどの洋食メニューもそろっているみたい。

また、この店限定のカレーうどんもあるみたいで、今度行ったときに食べるものが決まりました!

毎日行っても違うヘルシー定食が味わえるタニタ食堂。地元にできて最も嬉しいお店かも!?

 

 

タニタ

さいたま市中央区上落合  最寄駅:JRさいたま新都心駅から徒歩7分

 

あぐり

アグリフェスタ2019で子供の大人もリフレッシュ!

今月頭にあったゴールデンウィークはどのように過ごしましたか?

今年は、天皇陛下のご即位もあり、異例ともいえる10連休でしたが、やはりどこに行っても人、ヒト、ひと…。

欲を言えば、祝日を増やすのではなく、もっと気軽に有休を取れたりなど自由に休める社会風土を作っていってほしいですよね。

平日に自分の好きな日程で休みが取れれば、もっと経済が潤うほどお金も回ると思うのですが…。

さて、今から来年の話をするのは何ですが、ゴールデンウィークの定番イベントといえば緑区の大崎公園で毎年開催されている「アグリフェスタ」。

昔は農業祭といわれていたのですが、いつの間にか横文字になりました(笑)

 

アグリフェスタ2019ももちろん行われていて、野菜・花き・植木苗木などの即売、山野草の展示、物産販売、園芸相談、ステージショーなど行われていて、子ども向けのアトラクションもあるので、大人から子供までみんなでリフレッシュできますよ。

 

あぐり

 

さいたま市緑区大崎   最寄駅:JR東浦和駅からバス15分

Screenshot_1

ホーマックの絶品ソフトクリーム

5月の中盤になってきており、もう夏?と思えるような真夏日も増えてきています。

また間もなく梅雨入り、梅雨に入れば気温こそそこまで暑くはならなくても湿度の高い蒸し暑い季節の到来です。

こんな季節はソフトクリームを食べたくなりませんか?

今回、紹介するのはホームセンター「ホーマック」で発売されている100円ソフトクリームです。

ホーマックは北海道発のホームセンターだけあって、素材にこだわっているのが100円なのにソフトクリームが絶品すぎるのです。

もうソフトクリーム目当てでホーマックまで訪れても損はないレベルです。

ソフトクリームをはじめ。マフィンやたこ焼きなどリーズナブルな軽食が揃っているカフェ『ベンベンカフェ』を併設しているホーマックは全国で札幌市豊平区の西岡店、東京都八王子市の八王子みなみ野店、埼玉県さいたま市の見沼店の3店舗(現状)のみ。

次の休みはホームセンター自体も楽しいホーマックでソフトクリームを味わいましょう!何個も食べられるレベルですよ!

 

Screenshot_1

 

さいたま市見沼区蓮沼   最寄駅:JR北浦和駅からバス20分(浦和方面から)

リゾートぶなからすやま

快速“リゾートぶなからすやま“出発進行!

ゴールデンウィーク10連休も終わり、日常が戻ってきて今は平常運転中の人も多いでしょうが、10連休をじっくり休んだだけ日々の日常が厳しく感じてしまうものではないでしょうか?

早く次の休みはいつかな?早く休みにならないかな?と常に頭に抱きながら仕事をしている人も多いのでは!?

快速“リゾートぶなからすやま“は、今年の4月6日に「栃木アフターディスティネーション」の一環で企画され、出発地が浦和駅で烏山まで直通運転されるリゾート列車が出発進行しました。

このリゾートぶなからすやまはこの日限りのものでしたが、浦和・大宮は今話題の街ですから、今後浦和発、大宮発のリゾート列車も続々と計画されるのではないでしょうか?

リゾート列車だと電車そのものが思い出に残る旅になります。そんな列車目的の旅行も素敵ですね。

リゾートぶなからすやま

 

 

さいたま市浦和区高砂  最寄駅:JR浦和駅

 

むくむく

今年オープンしたどこか昭和の香りを感じるレトロ食堂

南浦和にできた「むくむく食堂」は、2019年にオープンしたばかりにできたてほやほやの新しいお店なのですが、外観からメニューまですべてがどこか昭和の香りを感じるレトロ食堂なのです。

メニューの数々は、「豆腐ハンバーグ」や油淋鶏ならぬ「油淋豚」などひと手間もふた手間もかけたどこかホッとするような味ばかり。

定番の生姜焼き定食でもタイ風にアレンジしてあって、まさにここでしか味わえないオンリーワンの味に仕上がっているものも多いです。

また、メニューだけでなく内装もウッド調の落ち着いた作りで、できることなら毎日常連さんとして行きたいくらいな気持ちになってしまうほどです。

気持ちの良い空間なので、ランチなどの食事以外にカフェとしてドリンクやスイーツだけを楽しむのも良いですね!

むくむく

 

 

さいたま市南区文蔵  最寄駅:JR南浦和駅から徒歩8分

十万石

浦和の新しいお土産候補!

日本初の10連休も今日で終わろうとしています。

あっという間の連休だった人、ようやく連休が終わるとホッとしている人など人それぞれだとは思います。

多くの人が家でのんびりしたり、実家に帰省する程度でゆったりした人が多いようですが、帰省をするさいにちょっとした手土産何にするか迷いどころではないでしょうか?

これまでの浦和のお土産大定番は「彩果の宝石」ですが、新たに浦和土産になりそうなのは「十万石まんじゅう」。

いやいや十万石まんじゅうは埼玉銘菓「うまい!うますぎる」で有名!今更感があるかもしれませんが、なんと「浦和」「レッズ」「令和」という焼き印が入った十万石まんじゅうが埼玉スタジアム(浦和レッズ戦)やレッドボルテージで発売されるのです。

味のクオリティはうまい!うますぎるですからお墨付き!新しい浦和土産に次の帰省の際にいかが。

 

十万石

 

さいたま市浦和区高砂   最寄駅:JR浦和駅から徒歩1分

※レッドボルテージ(浦和アトレ内)

自転車

電動キックボードシェアサービスで見沼田んぼを疾走

最近はマンションごとにシェアカーサービスが流行っていたり、コンビニや駅前で乗り降り可能な自転車レンタルなどシェアサービスが多くなっていますが、この度、埼玉高速鉄道の浦和美園駅でスタートしたのが電動キックボードシェアサービス。

車のように免許が必要で、バイクのようにヘルメットの着用が義務付けされていますが、車やバイク以上に気軽に乗りこなせますから、やはり浦和美園駅に設置したのは、歩くと20分ほどかかる埼玉スタジアムまで疾走する利用法でしょうか。

もちろん試合日以外でもレンタルできますので、おすすめの利用法は天気の良い日に見沼田んぼような見渡す限り自然が広がっているところをキックボードで疾走すること。想像しただけでも気持ちよさそうです!

他にも岩槻のお寺巡りなども良いですよね。

気になる料金は、基本利用料金は、ロック解除で100円+1分毎に25円が加算される仕組みとなっています。

 

 

 

自転車

 

さいたま市緑区美園   最寄駅:SR浦和美園駅構内