コッペパン

地産地消コッペパン

浦和パルコ内に出店している「魔女のコッペパン」。

魔女こと店主の菅原宏美さんは前職で農業公園のハーブの施工管理を担当し、学ぶなかで、「ハーブで人を癒やす魔女」から着想を得て、「おいしいものを作れば人を幸せにできるのではないか」と思い立ち、魔女のコッペパンを作るに至りました。

魔女のコッペパンで使っている素材は、地元埼玉県産小麦のハナマンテンと全粒粉をはじめ、北海道産小麦を使用するほか、種子島産の洗双糖、塩は海の精、よつばの脱脂粉乳、トランス脂肪酸フリーの有機油脂など国内もの、特に地産地消にこだわった素材選びなので、お子さんなどにも安心して頂けます。

パルコ店では、購入できるのみですが、2号店がさいたま市見沼区南中丸(ヤマダ電機の裏)にできあがり、ここは、古民家を改築した店舗にパンの工房やカフェを併設し、ウッドデッキと、裏庭にも席を用意しています。

また、外の席は犬を連れて利用できるほか、広い駐車場も完備(20台収容)できるので、カフェとしての利用もできます。

 

コッペパン

 

さいたま市浦和区東高砂町  最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩2分

フレンチ

気軽に行けるカジュアルフレンチ

フレンチと聞くと、テーブルマナーは大丈夫かな?ドレスコードはないかな?なんて行く前から胃が痛くて食欲どころではないなんて人もいるでしょうが、確かに敷居が高いお店が多いイメージですよね。

しかし、浦和駅近くにある「レストラン アミー」は、気軽に寄ることができるカジュアルフレンチのお店。

もちろんカジュアルだからといって食材に手を抜いていることはありません。

豊洲市場などから仕入れる新鮮なお魚やブランド肉をはじめ、最も好評を得ているのが「野菜」。

地元のさいたま産であるヨーロッパ野菜(←最近、さいたま市が力を入れているんです)を中心に野菜がとにかく美味しいと大評判。

なかには、野菜嫌いの旦那が美味しいと食べてくれななんていう口コミまで。

地産地消で美味しく調理されたフレンチを食べられるなんて幸せな気分になりますよね。

フレンチ

 

さいたま市浦和区東高砂町  最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩2分

Screenshot_1

今人気のホットヨガでリフレッシュ!

最近のランニングブームで夜や土日などは街中で走っている人も珍しくなくなっています。

ただ、梅雨の時期はもちろん雨が多いですし、梅雨が明けて夏になっても近年は急に豪雨が降るゲリラ豪雨が多いので、しばらくの間ちょっとランニングには向かない季節ですよね。

こんな季節こそ室内でできるエクササイズを楽しんで、体をほぐしリフレッシュをしましょう。

JR浦和駅東口から歩いて2分と駅近でも嬉しいホットヨガスタジオがLAVAです。

全国に400店舗以上を展開している国内最大級のホットスタジオだけあって、ひとりひとりに合った適切なレッスンを提案してくれますよ。

LAVA浦和店は、平日でも朝9:30、土日は8:00からやっているので、朝ヨガなんていうのも最高でしょうね。

 

Screenshot_1

 

さいたま市浦和区東高砂町   最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩2分

タピオカ

今、大ブームのタピオカミルクティー

ここ数年、ふわふわのマンゴーかき氷など台湾スイーツが人気ですが、今はやはりなんといってもタピオカミルクティーではないでしょうか。

原宿や表参道では、瞬きのたびに新しいタピオカミルクティー専門店ができているようなイメージですが、我らが浦和にも美味しいタピオカミルクティー屋さんが存在します。

それは浦和駅の東口駅前にある「松茶楼 浦和店」。

タピオカミルクティーも美味しいのですが、個人的におすすめなのは、ライチティーやパッションフルーツティーなどフルーツとのフレーバータピオカティー。

カロリーがちょっと高いのが玉に瑕なのですが、お休みの日にでもブランチ代わりにタピオカティーなんてのはいかがでしょうか。

甘いもの好きな人にはチョコレートミルクティーはどうでしょう。

 

タピオカ

 

さいたま市浦和区東高砂町   最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩1分

とんで

埼玉ブームが到来!?

思いがけず映画「翔んで埼玉」が大ヒットになっています。なんでもあの「クイーン」に迫る勢いだとか。

これまで「ダサイタマ」とか「地味」とか言われてきた埼玉ですが、急に?「住みやすい街」とか色々とフューチャーされ始めており、地元民としてはやや戸惑いもあるものの、やはり人に認められるのは嬉しいですよね。

なんでも「翔んで埼玉」の聖地と言われているのが、さいたま新都心駅前にある「MOVIXさいたま」や浦和駅前にある「ユナイテッドシネマズ浦和」。

わざわざ東京など県外からも聖地で「翔んで埼玉」を観るためにやってくる人もいるのだとか。

埼玉県飯能市には「ムーミンバレーパーク」がいよいよオープンしましたし、浦和と大宮が「住みたい街ランキング」でも上位にランクインと、とうとう世の中に埼玉ブームがやってきた予感がします。

これで都道府県別魅力度ランキングでも下位から脱出できるかな。

 

とんで

 

さいたま市浦和区東高砂町   最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩3分

赤ちゃん4

おひるねアート撮影会

何かと比較されがちの「浦和」と「大宮」ですが、数値的なところなどは分かりませんが、一般的に浦和には家庭ができてから住んで、大宮には若いうちに住んでいるイメージがあります。

そのため、浦和は平日でもよくワンちゃんのお散歩をしている人を見かけますし、ファミリーで住むには心地よい場所です。

 

そんなこともあって、浦和パルコの9F、10Fにある浦和コミュニティセンターでは、赤ちゃん向けイベントもよく行われている子育てのしやすい街なのです。

まだ幼いお子さんがいると、おでかけするのも大変で、なかなか家にこもりっきりになりがちですが、PARCOだったら駅からもすぐですし、バス停も目の前、とても行きやすいのでおすすめです。

現在のところ、年2回のペースで行われているのが「おひるねアート撮影会」。

天使のような我が子の寝顔を記録に残して宝物を増やしましょう!

 

赤ちゃん4

さいたま市浦和区東高砂町   最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩3分

台所

やっぱり日本人だもの!和のレトログッズはそそりますよね!

例えば、キッチンにある雑貨や家電を1つ入れ替えるだけでも、ちょっと気分が変わって新たな気分になるものです。

毎日同じことの繰り返しと、うんざりしてきてきたときには、ちょっと雑貨をリニューアルしてみませんか?

 

浦和パルコのB1Fにある「台所屋雑貨店浦和パルコ店」は、昭和レトロを感じる昔ながらの素材で作られた和の台所用品が揃っている雑貨店です。

やはり、日本人だからでしょうか?ノスタルジック溢れるレトロの雑貨はなんだか心が癒されますよね。

 

部屋が洋風のおうちでも、例えば食器だけ和にするだけで、ワンポイントとなりすごくおしゃれになりますよ!

和雑貨以外にも、輸入洗剤、手作り品が中心の陶器なども充実しており、見に行くだけでもちょっと楽しいです。

 

台所

 

さいたま市浦和区東高砂町   最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩2分

Screenshot_1

お餅がクセになっていませんか?

日ごろは炭水化物ダイエットをしていなくても、なかなかお餅を食べる機会がない人も、お正月はお雑煮やおしるこでお餅を食べる機会も増えているのではないでしょうか?

最近は臼とつくお餅はもちろん、お餅ができる機械もあり、出来立てのお餅は最高に美味しくて、たまに食べるのもありますが、クセになった!という人も多いはずです。

もちろんオーブントースターで焼くお餅も気軽で良いですが、ちょっと趣向を変えてスイーツお餅はどうでしょう。

浦和パルコ内にお店を構える「太子堂」にあるお餅バーは、その名の通り、見た目はアイスキャンディのようなのですが、あのもちもちのお餅食感があるのです。

フレーバーもよもぎ、さくら、きなこ、抹茶などカラフルでインスタ映えもしますし、ちょっとした手土産にも喜ばれますよ。

 

Screenshot_1

 

さいたま市浦和区東高砂町  最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩2分

ねこ

ねこ休み展in浦和

仕事に疲れた時…日頃の生活でいっぱいいっぱいな時…癒されるのが子猫ちゃんと言う人も多くないでしょうか?

最近では、YouTubeでも子猫動画たくさんアップされているので、見始めるとついつい止まらなくなるのですよね。

そんなネコちゃん好きにおすすめなのが、現在、浦和パルコで開催中(~12月9日まで)の「ねこ休み展in浦和」。

 

「ねこ休み展in浦和}では、スター猫アメリ&カヌレバージョンの「ねこ休み巨大絵馬」をはじめ、彫刻家のはしもとみおとスター猫ホイップがコラボレーションした彫刻作品や、ぬいぐるみ作家のRUBIA-ARGYIとタッグを組んだ立体作品「にゃんこ増し増しベンチ」なども展示などネコ好きにはたまらないラインナップ。

また、浦和らしくJリーグのマスコットたちを猫の抜け毛で制作してきたrojimanが、浦和レッズのレディアの制作にチャレンジするサポーター必見のものも。

入場無料で、猫グッズも満載なので、一度浦和パルコに足を運んで癒されましょう。

 

ねこ

 

さいたま市浦和区東高砂町  最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩2分

むさし乃

世界!ニッポン行きたい人応援団で登場

テレビ東京系「世界!ニッポン行きたい人応援団」に、うなぎをこよなく愛しているポーランド人の方が、初めて日本に来日されていたのですが、ずっとYouTubeでうなぎについて研究されていて、日本に行ったら一度は行きたい場所が「浦和」だったのです。

ポーランドという日本から遠く離れた北欧の国にまで、うなぎの街浦和というのが知れ渡っているのかと思うと、なんだか嬉しくなってしまいますよね。

この「世界!ニッポン行きたい人応援団」で行った浦和の老舗うなぎ店が「むさし乃」。

浦和駅東口のParcoの隣路地にある超人気うなぎ店です。

テレビでもこだわりの製法を取り上げていましたが、高温の炭火で焼いたのち蒸し、そして再度二度焼する製法は、まさにプロの技。

今はテレビに取り上げられたこともあり、平日でも行列ができているようですが、落ち着いたらこの至極の味を堪能してみて下さい。

 

むさし乃

出典:http://unagimusashino.com

さいたま市浦和区東高砂町   最寄駅:JR浦和駅東口から徒歩3分