リゾートぶなからすやま

快速“リゾートぶなからすやま“出発進行!

ゴールデンウィーク10連休も終わり、日常が戻ってきて今は平常運転中の人も多いでしょうが、10連休をじっくり休んだだけ日々の日常が厳しく感じてしまうものではないでしょうか?

早く次の休みはいつかな?早く休みにならないかな?と常に頭に抱きながら仕事をしている人も多いのでは!?

快速“リゾートぶなからすやま“は、今年の4月6日に「栃木アフターディスティネーション」の一環で企画され、出発地が浦和駅で烏山まで直通運転されるリゾート列車が出発進行しました。

このリゾートぶなからすやまはこの日限りのものでしたが、浦和・大宮は今話題の街ですから、今後浦和発、大宮発のリゾート列車も続々と計画されるのではないでしょうか?

リゾート列車だと電車そのものが思い出に残る旅になります。そんな列車目的の旅行も素敵ですね。

リゾートぶなからすやま

 

 

さいたま市浦和区高砂  最寄駅:JR浦和駅

 

十万石

浦和の新しいお土産候補!

日本初の10連休も今日で終わろうとしています。

あっという間の連休だった人、ようやく連休が終わるとホッとしている人など人それぞれだとは思います。

多くの人が家でのんびりしたり、実家に帰省する程度でゆったりした人が多いようですが、帰省をするさいにちょっとした手土産何にするか迷いどころではないでしょうか?

これまでの浦和のお土産大定番は「彩果の宝石」ですが、新たに浦和土産になりそうなのは「十万石まんじゅう」。

いやいや十万石まんじゅうは埼玉銘菓「うまい!うますぎる」で有名!今更感があるかもしれませんが、なんと「浦和」「レッズ」「令和」という焼き印が入った十万石まんじゅうが埼玉スタジアム(浦和レッズ戦)やレッドボルテージで発売されるのです。

味のクオリティはうまい!うますぎるですからお墨付き!新しい浦和土産に次の帰省の際にいかが。

 

十万石

 

さいたま市浦和区高砂   最寄駅:JR浦和駅から徒歩1分

※レッドボルテージ(浦和アトレ内)

ときわだんご

甘いもので新天皇即位を祝う

新天皇の即位に伴い、10連休がスタートしました。

祝日がありがたいという公務員のような働き方の人もいますが、なかには病院や保育園などが長期休業となりむしろ困るなんて声もあり、やはり祝日ではなく誰もが好きに有給休暇を取得でき自由に休めるような社会がやはり理想ですよね。

どうしても10連休のような連休はどこにいっても混雑しているので、こんなときは地元で甘い逸品でも食べて心も満たしましょう。

浦和で昔から地元に愛されている名物となっているのが浦和銘菓「ときわだんこ」です。

ときわだんこは、浦和コルソ1階にある甘味のお店で、創業は明治8年と、コルソができる全然前にある浦和の町の発展とともに歩んできたお店です。

ときわだんこの名物は、やはり「おだんご」。お餅ももちもち感がなんだかホッとする味で癖になります。

 

ときわだんご

 

さいたま市浦和区高砂   最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩3分

コインランドリー

ちょっとしたサービスが嬉しい24時間364日営業のコインランドリー

今の時代、自宅に洗濯機がないお宅はなかなかありませんが、それでもバラエティ番組でやっていたのですが、コインランドリーを使用したことがある人の割合は80%を超えていて、多くの人が利用したことがあると言っていました。

実際、自宅ではなかなか洗濯できないような布団なども大型洗濯機で洗うことができますし、乾燥機にかけるとフワッとして気持ちよさ最高ですから、コインランドリーを使う人が多いのも納得です。

浦和の裁判所近くという行政施設が多く集まっている近くにあるコインランドリー「大型コインランドリー24浦和高砂店」は年中無休365日24時間営業なので、自分のライフスタイルで使用することができます。

また、店内にはワイドハイターなど柔軟剤等が自由に使い放題という嬉しいサービスも。

なんか小さな幸せを感じちゃうのですよね。

 

コインランドリー

 

さいたま市浦和区高砂  最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩10分

kikusuidou

埼玉発のポテトチップス

「翔んで埼玉」の思いがけない?大ヒットで、テレビやネットなどメディアで「埼玉」がちょっとしたブームになっています。

今はお笑いのネタとしたブームですが、ブームが終息する頃、安定した人気となり、人気の街になっていくでしょうか?たのしみです。

そんな話題?となっている埼玉ですが、埼玉発のポテトチップスが人気で品薄になるほどになっています。

それは菊水堂のポテトチップス。

一般的なポテトチップスと何が違いかというと、ジャガイモ本来の味を感じることができる優しい味なのです。

菊水堂では季節に応じて九州から関東、そして北海道まで、その時期に最もおいしいポテトチップになってくれるじゃがいもを厳選して使用しており、できたてを密閉してすぐに出荷しているので美味しさが違うのです。

ホームページからでも購入できますが、浦和ではナチュラルローソン浦和高砂一丁目店で購入可能ですよ。

 

kikusuidou

さいたま市浦和区高砂  最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩3分

安田

花粉症に効果的と口コミで評判が高まっているクリニック

本格的な春となり、桜の季節まであとわずか。

本来なら過ごしやすい最高な季節なのですが、花粉症の人にとっては本当に憂鬱な季節になってしまっていますよね。

鼻水さえなければ・・・、杉の木伐採してくれないかな・・・なんて何度思ったことでしょう。

 

浦和駅の駅前でアクセス抜群の「安田内科クリニック」は花粉症治療に定評があり、口コミで話題になっているクリニックです。

話題となっているのが「スギ免疫療法」というもの。あらかじめ、杉の花粉を体内に入れることで免疫力を高める治療法ですよね。

即効性があるものではなく、事前投与が必要なので、今年の花粉症は諦めるしかありませんが、元号も変わることですし、事前投与期間である6/1~10/31に来院してみてはいかがでしょうか?

他にも、漢方薬治療なども行っており、実績があるので行く価値はありそうですよ。

 

安田

 

さいたま市浦和区高砂   最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩2分

住みたい街

住みたい街ランキングでさいたま勢大躍進

毎年恒例となっているSUUMOの「住みたい街ランキング」。

吉祥寺や恵比寿など東京の一等地が人気を博していましたが、今年はちょっとした異変が起きていると話題になっていました。

大宮が第4位、浦和が第8位とベスト10入りを果たして、さいたま勢が大躍進したのです。

大宮、浦和ともに躍進の大きな理由が2つ。

一つが東京までのアクセスの良さ。埼京線に加えて、湘南新宿ラインができたことで、東京駅へも新宿方面へも30分程度と抜群の速さとなりました。

もう一つが家賃の安さ。上記の吉祥寺や恵比寿、横浜などに比べるとマンションの家賃が10,000円くらい違う場合が多く、その差は大きいですよね。

更に、スーパーなどでの物価が安いですし、個人的には、学生などエンタメ要素重視の場合は大宮、家族でゆったり暮らしたい場合は浦和がおすすめではないでしょうか?

浦和の場合は公立の学校のレベルが高い点もポイントですよね。

 

住みたい街

 

さいたま市浦和区高砂など   最寄駅:JR浦和駅

喫茶

喫茶店のモーニングで1日の頑張る活力を!

たまにはいつもより30分だけ早く家を出て、喫茶店のモーニングに行きませんか?

浦和駅の西口の路地裏にひっそり佇む喫茶店「恵比寿屋喫茶店」は、まさに絵にかいたような古き良き趣を今に残る喫茶店。

できることなら1日何も考えずにボォーとしたくなるような雰囲気がたまりません。

昭和38年から浦和の地で愛されているだけあって、地域密着型の喫茶店で、時間を問わず多くの常連さんで賑わっています。

なかでも、おすすめしたいのはモーニングタイム。

平日は朝7:00から(土日祝は8:00から)営業しているので、冒頭で書いた通り、いつもより30分早く家を出て、恵比寿屋喫茶店で1日を頑張る活力を補いましょう。

オーソドックスなのですが、トーストにサラダ、スクランブルエッグのモーニングセットは鉄板ですよね。

 

喫茶

 

さいたま市浦和区高砂  最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩5分

Screenshot_1

鮮度抜群のお刺身とコスパ最強の日本酒の店

浦和駅の西口から北口にかけて浦和アトレができてからだと思いますが、急速に街が進化していっている気がします。

ちょっと前までは、浦和駅は伊勢丹のある西口とパルコのある東口の2つだったイメージなのですが、いつの間にか北口も定着してきました。

そんな北口と西口どちらからでも歩いて2分ほどの好立地にある居酒屋が「葵屋 浦和西口店」です。

 

「葵屋 浦和西口店」の売りは、なんと言っても鮮度抜群のお刺身。羽田市場から毎日直送されるので、全国津々浦々の鮮魚を堪能できるってわけ。

また、お刺身とグッドパートナーである日本酒も種類豊富で、なにより値段が安い高コスパなのです。もはや最強といってよいでしょう。

また個室も充実しており、いわゆるデザイナー個室である意味、自宅にいるよりくつろげるかも!?

 

Screenshot_1

 

さいたま市浦和区高砂   最寄駅:JR浦和駅から徒歩2分

640x640_rect_40477015

栄養たっぷりヘルシー焼肉「カルニチン堂」

12月も年の瀬となっており、忘年会ピークなんて人も少なくないとは思いますが、浦和の地で忘年会・新年会をやるなら「カルニチン堂」がおすすめ!

浦和駅西口から歩いて2分ほどの抜群なロケーションを誇る焼肉店です。

そもそもカルニチンとはあまり聞き馴染みのないワードじゃないでしょうか?

カルニチンとは、アミノ酸由来の一種で、脂質の代謝に必要不可欠な物質なのです。主にお肉の赤身に多く含まれており、なかでも羊肉(ジンギスカン)には豊富にあるヘルシー焼肉を楽しめるというわけです。

カルニチン堂には、看板メニューのジンギスカンだけでなく、牛・豚・鳥もちろん野菜などの焼肉も食べ放題で頂け、飲み放題コースもあるので、宴会にぴったりです。

また、ランチに提供されている「淡路島カレー」も一食の価値ありですよ!

 

640x640_rect_40477015

 

さいたま市浦和区高砂   最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩2分