REDSHalloween

浦和のハロウィンは赤い!REDS Halloween

渋谷をはじめ、日本でもだいぶ盛り上がりを見せてきているHalloween(ハロウィーン)。浦和のハロウィーンは「赤」のハロウィーンなのです。

浦和の象徴ともいえる浦和レッズと、JR浦和駅周辺のランドマークである浦和パルコ、伊勢丹浦和店、コルソの4社が合同で行うキャンペーンで、主なイベントとしては、

・赤いものを見つけていると、パルコ、伊勢丹、コルソで割引サービス(レッズ割)
・「赤」をテーマにしたフードコート開催(JR浦和駅東口駅前市民広場)
・オリジナルグッズ発売
・浦和レッズ歴代ユニフォーム展示

など浦和らしい、ハロウィーンらしい面白い企画が満載です。

特に人気を博しているのが、あの埼玉銘菓「十万石饅頭」とのコラボ商品で、十万石饅頭の形をして、浦和レッズと刻印の入ったオリジナルキーホルダー!十万石饅頭×浦和レッズなんてTHE埼玉ですよね!

もちろんストラップなので、食べられるものではなくイミテーションですよ。

プニプニしている触り心地がたまらないのです。

フードコートでも、「赤」がテーマなだけに、辛系のものも多いので、ちょうど時期的に寒くなってくる季節ですから、身体を温めてハロウィーンを楽しみましょうよ!

興梠選手のローストチキンコウロギも出店していました。

 

REDSHalloween

出典:浦和パルコHPより

さいたま市浦和区高砂など   最寄駅:JR浦和駅周辺

キハチカフェ

幸せな気分になるフルーツサンド

サンドウィッチなら何が好きですが?定番の玉子やハムチーズ、ガッツリ系はとんかつやコロッケなんてのも良いですし、やはりツナに勝てるものはない!という人もいるでしょう。

今回はそんな定番のサンドウィッチとは一線を画すフルーツサンドです。

最近ではコンビニでもフルーツサンドを置いていますが、ランチのような食事でも良し、おやつのような食べ方でも良い、万能フードじゃありませんか。

浦和のアトレ浦和内にある「キハチカフェ」には食べると幸せな気分になるフルーツサンドがあります。

旬なフルーツがぎっしり入っていて、食べ応え十分!もちろんカフェスタイルのお店なので、イートインでゆったりお茶することもできるので、キハチクオリティのティータイムをお過ごしください。

 

キハチカフェ

 

さいたま市浦和区高砂  最寄駅:JR浦和駅から徒歩1分

Screenshot_1

スポーツ好きには大型モニターで大迫力観戦

最近は、DAZNのようなスポーツ観戦アプリがあるため、日本にいながら世界中のスポーツをいつでもどこでも観戦できる良い時代になりました。

特にテニス界の錦織圭選手や大坂なおみ選手やバスケの八村塁選手、野球の大谷翔平選手など世界で活躍する日本人が各スポーツ界で輩出されているのは、スポーツ好きにとってたまらないですよね。

もちろんスマホの画面で観るのだけでも楽しいですが、たまには大迫力の大型モニターで仲間らとあれこれ言いながら観戦したいもの。

浦和駅からもほど近いTINA LOUNGEは150インチと120インチの大型モニターを設置しているスポーツバーです。150インチなんて家庭では体感できないですよね。

浦和レッズの試合を中心にいろんなスポーツ観戦ができるだけでなく、料理も本格的イタリアンを堪能でき、満足度が高いお店ですよ。

Screenshot_1Evernote Web

 

さいたま市浦和区高砂  最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩5分

 

アイス

大人が笑顔になるアイスクリーム

季節は8月なので致し方ないのはありますが、それにしても暑いですね。ここまで暑いとあまり食欲もなくなってしまいバテ気味になりがち。

夏に食べるとやっぱり美味しいアイスを食べて、気分だけでもアゲていきましょう!

最近のコンビニアイスは、驚くほどクオリティが上がっていて、それでいてお値段も手ごろなので嬉しいですが、たまにはちょっぴり贅沢して大人が笑顔になるようなアイスを頂きませんか?

伊勢丹浦和店内にある「ジャン―ポール―エヴァン 伊勢丹浦和店」にあるチョコレートアイス。

お値段はコンビニ比べるとやや割高ですが、それでも食べたいくらいの大人が喜ぶ上品な味がクセになります。

あのジャンーポール―えヴぁんのチョコがアイスになっているのですから美味しいに決まっていますよね。

アイス

 

さいたま市浦和区高砂  最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩2分

プール

埼玉には海はないけどパティオがある

埼玉には海がない!昔から埼玉は海無し県として、よく他県から馬鹿にされますが、別に他にも海なし県は結構あるのに、埼玉はなぜこんなにも馬鹿にされる対象なのでしょうかね。

海無し県の山梨には富士山があるから!?

ただ、埼玉には海は確かにありませんが、パティオがあるのです。

パティオは北関東最大の室内型プール。プールといっても、波が立っているプールもあるので、もはやプール!

7/27(土)~9/1(日)までは夜開催のナイトプールもやっているので、埼玉デートにもぴったりです。

このパティオがあるのは、渋沢栄一が新1万円札にも選ばれ話題の深谷市にある深谷グリーンパーク。

先日、アド街ック天国でも「深谷」が特集されていましたが、レトロなレンガ調の建物あり、美味しいグルメ物産館あり、プールで遊ぶ以外にも楽しめる思い出に残る1日が過ごせますよ。

浦和からは乗り換えなしで約45分で深谷まで行けますよ。

 

プール

さいたま市浦和区高砂   最寄駅;JR浦和駅から電車で45分

※浦和駅から行く場合

 

蔦屋

蔦屋書店で新しい本を見つけよう

明日から8月になりますが、例年ここのところ8月は浦和でも40℃近い酷暑の日も多く、熱中症を考えると極力外出は避けたいところ。

そこで、朝7:00から営業しているアトレ浦和内の蔦屋書店で、今まで自分のなかにはなかったような新しいジャンルの本に出会いませんか?

蔦屋書店のコンセプトは、上質なライフスタイルを、「旅」「食」「ワーク」「アート」の書籍を通して提案してくれるというものなので、一般的な本屋さんではお目にかかれないような書籍や雑貨などにも出会えるので、いままでの自分とは違う好きなものを見つけ出すことができるかもしれませんよ。

館内にはスタバもあり、書籍を買ってスタバでワンブレイクしながらちょっと読書なんていうスマートなライフスタイルも可能です。

蔦屋

 

さいたま市浦和区高砂  最寄駅:JR浦和駅から1分(直通)

担々麺

夏はピリ辛な担々麺で決まり!

本格的な夏の到来ですが、暑い夏、どうしても食欲が落ちがちになる夏バテ気味という人も多いのではないでしょうか。

夏バテで食欲がないと、体力も落ちてしまうので熱中症にもなりがち!夏バテ気味でもしっかり食べないといけません。

夏バテ時、何を食べますか?スタミナ抜群のうなぎ?カレーなんかも暑い夏に美味しいですよね。

今回は、暑い夏こそ大汗をかきながら食べたい!担々麺の紹介です。

JR浦和駅西口の駅近くにある「ラーメン なかじま」はメニューに特製とんこつラーメンと担々麺しかないこだわりのお店。

看板メニューは飲んだ後の〆ラーメンでも人気なほどしつこくないとんこつラーメンなのですが、実は担々麺も双璧をなすほどの美味しさ。

ベースはとんこつスープでできた担々麺は、程よい辛さと凝縮したうま味が口の中に飛び込んでくる美味しさですよ!

 

担々麺

 

さいたま市浦和区高砂  最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩2分

ホルモン焼 礼

牛豚内臓卸問屋直営店だから安い!旨い!

ジメジメした今のような梅雨の季節には、なんだか気分も湿りがちですっきりしないものではないでしょうか。

こんなときは、キンキンに冷えたビールで気分もろともスカッといきませんか?

ビールの最強のお供のひとつと言えるのが、ホルモン。

このホルモンが美味しいお店だとクチコミでも話題になっているのが、浦和駅西口の駅前にお店を構える「ホルモン焼き 礼」。

「ホルモン焼き 礼」の特徴として、牛豚内臓卸問屋直営店のため、とにかくホルモンなど具材が新鮮で安いのです。

安くて美味しいのだからそりゃクチコミでも評判になりますよね。

ホルモンだけでなく、焼肉メニューもかなりのハイクオリティなので。飲みの席だけでなく食事だけでも十分に満足できるレベルですよ。

ホルモン焼 礼

 

さいたま市浦和区高砂   最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩3分

アンビー与野駅

梅雨でもとことん楽しもう!!

梅雨のこの時期は湿度のせいか、なんか気分も乗らずテンション上がらない人も多いのではないでしょうか。

かといって梅雨が明けると、酷暑。これはこれで嫌なものなのですけどね。

なんなら梅雨を逆手にとって、梅雨ならではのファッションを楽しんでみませんか?

JR浦和駅西口のランドマーク、コルソ浦和店にある「アンビープラス」は傘を中心としたレイングッズ専門店。

傘はコンビニや100均で買っているビニ傘で十分なんて人もいますが、一生もののおしゃれな傘を手に入れれば、雨の日だって気分を上げて過ごせるってものです。

アンビープラスはなかなかないレイングッズ専門店だけあって、豊富な品揃え、ビニ傘で過ごしている人だったら今の傘の進化に驚きを隠せないはずですよ。

アンビー与野駅

 

さいたま市浦和区高砂   最寄駅:JR浦和駅西口から徒歩2分

リゾートぶなからすやま

快速“リゾートぶなからすやま“出発進行!

ゴールデンウィーク10連休も終わり、日常が戻ってきて今は平常運転中の人も多いでしょうが、10連休をじっくり休んだだけ日々の日常が厳しく感じてしまうものではないでしょうか?

早く次の休みはいつかな?早く休みにならないかな?と常に頭に抱きながら仕事をしている人も多いのでは!?

快速“リゾートぶなからすやま“は、今年の4月6日に「栃木アフターディスティネーション」の一環で企画され、出発地が浦和駅で烏山まで直通運転されるリゾート列車が出発進行しました。

このリゾートぶなからすやまはこの日限りのものでしたが、浦和・大宮は今話題の街ですから、今後浦和発、大宮発のリゾート列車も続々と計画されるのではないでしょうか?

リゾート列車だと電車そのものが思い出に残る旅になります。そんな列車目的の旅行も素敵ですね。

リゾートぶなからすやま

 

 

さいたま市浦和区高砂  最寄駅:JR浦和駅